まったくモテない41歳独身底辺男が流されるがままに適当に生きながらもがき足掻く日記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




facebookを始めて間もなく中学時代に同じ部活だった奴を見つけたのでこちらからメールを送って繋がり、彼とは高校は別々で中学卒業以来ほとんど会う機会もなく、最後にたまたま駅かなんかで会ったのが20歳の時だから実に16年振りになるが、今度近いうちに飲みましょうってことになった。

こいつがどういう奴かというと、まずイケメンとか女垂らしとかチャラいとか路上ナンパをするような奴ではない。かといってオタクとか暗い奴でもなく、暗いか明るいかでいえば明るい方に分類され、かといってひょうきん者とかお調子者とかそういうタイプでもなく、中学時代から容姿と考え方、しゃべり方がどことなく老けており、でも男女関係なく分け隔てなくよくしゃべり、それでいて憎めないような性格・容姿からか多くの女が警戒しない感じで彼とは気さくな関係であることが多く(かといって決してモテてた感じはなかったが)、またコミュニケーション能力はこちらも中学時代から老けていた(若者言葉などほとんど使わない)、言い換えれば大人びていた、長けていたともいえる。

彼は俺とは違い中学時代の性格・人格通り、堅実にこれまでの人生を歩み、俺よりいい高校へ行き、俺よりいい大学に行き、浪人や留年などすることなくある中小チェーン店に入社し、そのままそこで10年以上働いて現在に至る。

彼は現在も地元に住んでいた。地元といっても今俺が住んでいるところからそう遠いところではないので、その中間あたりで待ち合わせて飲むことになった。


その当日。16年振りということで若干緊張していた。
彼は当時どちらかといえば痩せ型の方だったと思うが、噂によれば現在は当時の面影もないほどに太っており、俺もfacebookで彼の写真を見たがまあよく肥えていた。
顔や髪型はそう変化はなかった。

なにを話そうかと思った。16年振りであるうえに、当時特別仲が良かったという関係でもなかった。
ただ部活が同じであり、クラスも同じになったことがあったりと彼と顔を会わす機会が多くおのずと話す機会もそれなりにあったという関係だった。

当然今どんな仕事をやっているのかという話にはなるし、あとは同級生の共通点である当時の思い出話や共通の同級生の話題などでなんとか繋いでいけるだろう。

こういう場合、多くの人はお互いの仕事の話なんかでひと盛り上がりできるのだろうが、トラックの運転手では話の盛り上げようがない。というより言いたくない。こういうところで俺という人間は嫌な奴だなあとつくづく思う。人間性でいえば間違いなく下層部だ。
まあそれは置いておいて、とにかく会うことになった。

梅雨入り直前のちょっと蒸し暑い日だった。待ち合わせ場所に俺が先に着き数分遅れていくつかある改札に吸い込まれてくる群集の中に彼を見つけた。

若干衝撃を受けた。彼は想像以上に肥えており、また中年化していた。
ベフォーアフターの度合いで言えば、バナナマンの日村やTKOの木下くらい(彼らも若かりし頃は痩せていた)の落差があった。

こうして待ち合わせていなければ俺からはまず気づくことがなかっただろう。
普通のメタボのオッサンがそこに存在するとしか思わない。
ちょっと出鼻をくじかれたというか、どう対応していいものかと逡巡してしまった。

俺は外見は他人から見れば立派に30代半ばであるのに、多くの長年のニート生活者がそうであるように中身が伴っていなくて、あるいはコミュニケーション能力も歳相応の大人に成りきれておらず、それらは自分でも重々承知していながら歳を重ねようとも成長できず、つまりはオッサンになったオッサンになったとグチっておきながら肝心の中身は全然オッサンになりきれておらず、とどのつまりは精神年齢が低く、自分では20代中盤あたりくらいなんじゃないかなあと思っている。

そんな俺が、奴は確かにあの同級生なのだとわかってはいても、実際目の前にいるのは恰幅のいい立派な中年のオヤジであり、その対応として中学時代のままいったらいいものかそもそも中学時代どんな接し方だったのか、いやそれじゃあまりにも大人気ない、もしくは失敬にあたるからもっと大人な振る舞いでいったらいいのか、しかし最初そういう関係から始めるとどこかぎこちなくなって、そこからフランクな関係にもっていくのがしんどいのではないか・・・など、彼が群集に混ざって改札を出て俺の存在に気づくまでの間に、彼に対する俺のスタンスをどのあたりにもっていってやったらいいのか早急に確立しておかなければならなかった。

(つづく)
スポンサーサイト




【2013/01/06 18:17】 | 日常
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。