まったくモテない41歳独身底辺男が流されるがままに適当に生きながらもがき足掻く日記
春にfacebookに登録した。
それまでfacebookやtwitterに興味がなく、とくに前者はネットに実名やら己のスペック、顔写真をわざわざ晒してアホかと思っていたが、あまりに世間が騒いでいるのと(主にマスコミ)、なにかナンパにつながることがあるのではないか、というヨコシマな気持ちから気軽な気持ちで登録してみることにした。

会社関係の人には知られずにコッソリやろうと思っていたのだが、携帯から登録したときに、その携帯に入っているアドレスだか全員にfacebookの誘いをしますか?的な項目があったらしく、どうやら俺はそれを容認してしまったらしく、登録して間もなく俺の友達リストに会社の同僚とこの前スタンドでゲットした女が入っていた・・・。
さらに他の同僚からも「この前のメールなんだよ?俺フェイスブックとかやんねえから」とか言われるし。
まったくお節介な機能だ。

しかしこれはよろしくない。厄介だ。そんなプライベートなことを会社の連中に知られるなんて恥ずかし過ぎる。

とりあえず一旦退会しようと思い、その手続きをしようとしたらどうやらfacebookというやつは退会するまでに2週間ほどfacebookにアクセスしない状態を保持した後でないと退会できないらしい。考えたな、というかなんか悪意を感じるわ。

ただ公開範囲を友達にしてしまうと友達以外は外部から見えなくなるので、とりあえずこの二人を切り、その後範囲を友達設定にした。
なにか言われたら退会しようと思ったがうまくできず、バグったかなんか知らんがそのままほっぽってある、とでも言えばいいと思ったが、その後なにも言われないから(まあこの二人も元々あまりやる気なかったんだろうが)そのままにしてある。


こんな感じで俺のfacebookは始まったわけだが、しかし会社の人間を切ってしまうと、俺に知り合いと呼べる人などほとんどいない・・・唯一のたった一人の大学時代の友達を誘ってみたが、面倒臭がってやらないし。

とりあえず同じ出身大学の登録者を抽出し、女を片っ端から友達リクエストを出していく。

しかし反応は悪い。当たり前だ。俺など顔写真もなければ投稿しているものもなにもないし、友達リストに誰もいない。プロフィールを見ればオッサンでなんの仕事をしているのかもわからなく(職業欄は空欄)、共通点といえば同じ大学ということしかない。

挙句の果てにはfacebook本部から

「本当に知り合いですか。知らない人に繰り返し友達リクエストを送ることは嫌がらせとみなされ、Facebookのコミュニティ規定に反します。 」

などという警告文を送りつけられてしまった。facebook上ではあちらこちらに「〇〇で検索して知り合いを見つけましょう」みたいな世界に広げよう友達の輪啓蒙の文句が貼られてて必死なくせに。

誰か通報でもしたのだろうか。まあ同年代ならともかく二十歳前後の女にどこの馬の骨かもわからない70年代生まれのオッサンからお友達になろうって言われても気味が悪いだけだからな、当然といえば当然か。

しかしこのfacebook、mixiのように共通の趣味などによるコミュニティとかがないので、友達がいない奴にはとことん陸の孤島となってしまう。

とりあえず足掛かりとして中学高校時代の同級生の名前を思い出して検索してみた。
するとけっこうやってる奴がいた。

主に中学時代の同級生に男女含めて数人に友達申請を出した(孤独地獄男の孤独な青春1で書いたように中学時代はそこそこ動けていたので)。

すると中学時代に申請を出した人は全員承認してくれた(女子は警戒してかかなり遅れて承認する人もいた)。しかし高校時代の友達、というかクラスメイトだった2人の男子からは未だ音沙汰がない。

・・・で承認されると、その人のスペックや友達関係、それに投稿された日々の出来事などが明らかにされていくわけだが、しかしまあ、惜しげもなく己の顔写真と現在の会社名や卒業大学などのスペック、そしてちょくちょく画像投稿をしているような奴はほぼリア充しかいない。

そこには有名大学名や大手企業、もしくは社会的地位の高い職種が載っており、画像もまあどこどこに旅行しただのどこどこの店で旨いもん食っただのそんな画像ばかり。そして「いいね!」やら肯定的で同意的なコメントがズラズラと羅列されている。

いや、リア充といっても特に金持ちで高級住宅地に住んでて高級外車乗り回してとかそんな奴はいなくて、たいがいは30代中盤であればある意味平均的、もしくは平均よりちょっと上の奴らばかりで、普通に結婚してて子供がいて、持ち家があって仕事も普通にサラリーマンでって感じなのだが、しかし画像付きでまざまざと、なんか己の小学生くらいの子供が小奇麗で新しくて画像からもその広さが伝わるような自宅の中で戯れる画像なんかを見せ付けられると、同級生なのにすでにもうこんなにも差がついてしまったのか、あれからいつの間にかこんなにも時間が流れてしまったんだということを実感させられ、軽い格差ショックのようなものを受けてしまった。

でも冷静に見てみると、女なんかはだいたい結婚してるもんだからもう投稿画像の8割方は自分の子供の画像で、残りの2割が食べ物の画像。
男でも結婚をしていれば半分は子供、あとは旅行と食べ物ばかり。昼飯何食ったとか。

なんでああも自分の子供の画像ばかり飽きずに貼り付けるのだろう。
子供なんかかわいいに決まっているし、だからと言って他人は自分が思っている以上に自分の子供なんかかわいいと思っていないわけで、つか正直他人の子供などどうでもいいわけで、なんか子供が飯食ってる画像とか寝てる画像とか変顔でこっち見てる画像とか、毎回ずらずらとそんなの貼られてもかわいいとしか言いようがないし、ある意味踏み絵みたいなものだな、あれは。これ見て「いいね!」押さなかったら変人みたいな。

独身でも男ならまだいいが、同級生の女の中にはわずかではあるがまだ独身の奴がいて、彼女からしたら普通に嫌がらせレベル。「いいね!」押さなかったら僻んでると思われちゃうから毎日友達の子供の画像を探しては「いいね!」を押して回らなきゃいけないみたいな。

それと食べ物の画像がまた多いこと多いこと。これもほんとどうでもいい。どこの店で何ラーメン食ったとか。
中にはいい歳こいて毎日のようにこってりラーメンばかり食ってる奴がいて、見てるだけで気持ち悪くなってくる。

そこまでして「いいね!」「かわいい!」「おいしそう!」って言って欲しいのだろうか。
俺は基本的に子供の画像と食べ物にはノーコメント、ノーいいね!を慣行している。甘やかしちゃいかん。

とはいえもう30代も半ばを過ぎれば、リア充と言えども日々の生活の中で感動を見つけることはなかなか困難であり、結果食べ物や己の子供の話題くらいしかないってのも事実なんだろうな。
実際俺なんかも投稿できるような出来事などそうそうないし。
まさか実名晒している以上、ナンパに出かけた話など投稿できんしな。このブログのことなど口が裂けても書けんw
お互い猫を被り、時にはリア充を演出しつつ「いいね!」「いいね!」と褒め合い同意し合う。
それがfacebook。

・・・まあリア充と対極にある俺にはfacebookなんかに居場所は無く不向きなのは言うまでもないが、しかし同級生などかつて自分と関わりのあった人達との最低限のつながり、最低限の連絡先としてそのネットワークの片隅に静かに身を置いておくのも悪くはないんじゃないか、と今のところは思っている。
むろん俺も猫を被りながら。

実際、子供と食べ物以外の画像は興味深いものもあり、特に同級生など本人が映っているものは最後に彼らを見てから20年以上振りとかだったりするので、けっこう面白い。

そんな感じでネットサーフィンならぬ友達サーフィンをしているうちに少々衝撃的なことを知ったりまた出会ったりすることがあった。

そのへんのことはまたおいおい書いていきたい。
スポンサーサイト




【2012/09/17 21:10】 | 日常
トラックバック(0) |

こんばんは。
AO
同じ出身大学の女に片っ端から友達リクエストってスゴイ積極的ですね!
まさにナンパ師ならではの使い方(笑)

ナンパというアングラな世界に足を踏み入れた人間にとっては、
facebookのリア充の日記や写真は確かに異世界かもしれませんね、、、

とりあえず、スト2周年おめでとうございます!


LIGHTAN
>AOさん
出会い系サイトのノリでシコシコリクエスト送ってたらイエローカード送りつけられましたw

facebookは絵日記の交換日記の現代版て感じですね。
昔中学生くらいのときに各班ごとに交替で日記を書かせられたあれみたいな感じ。

女なんか主婦で暇なのか投稿されるものがもうブログ並に長文だったりしてw

それと毎日誰かが誕生日で「今日は〇〇さんのお誕生日です」とか通知してくるもんだから、大して友達でなくとも「いいね!おめでとう!→ありがとう!」のルーチンワークw

家族持ってる奴など子供やら旦那やら挙句にはペットまでもご丁寧に誕生日を申告してくれるからその度「いいね!おめでとう!→ありがとう!」のルーチンワークww

まあそんなことを言いながらもついつい毎日見てしまう自分がいるw
でもまだ一度も投稿はしたことないですけどね。

あ、いつのまにかブログ、ストともに2周年だったんですね、まったく気付きませんでした。ありがとうございます。

いいね!


いやはや
りゅう
FBも流行ってますけど、まあ一過性のものじゃないかと。。

やるならずっと続ければいいのに、そうでもないのが日本人の良いとこでも、悪いとこでもあり。。

そういえば、この前信号待ちをしてたら向こう側にニット帽を被り、ニーハイソックスを履いた可愛い女の子が立ってて、可愛いなあ〜なんて思いながらチラチラ見てたら、信号を渡ったところで、「すみません!」と声をかけられまして。。

まあ、要は単に道を聞かれただけだったのですが、道順を二回くらい教えて、二回くらい「すぐ分かりますね?」と聞かれて、「簡単な道のりなんで、すぐ分かりますよ!」と力強く伝えて別れたのですが、後からアレ、もしかして一緒に来て欲しいということだったのかしらと思い直してみたりして、普段からアンテナ張ってないといざという時にチャンスを活かせないことを痛感しました・・


LIGHTAN
>りゅうさん
それはちょいと惜しいことをしたかもしれませんね・・・
普段からアンテナ張ってれば
「あ、もしよかったら暇なんで一緒に行きますよ。」
と自然に出ますからね。あとはまったり併走フリートークへと。。。

ちなみにおいらが以前付き合ってた女(もう何年も前ですが)は、おいらの前に付き合ってた男というのが、彼女が道を尋ねた見ず知らずの男だと言ってました・・・しかも男が年下w

女から声を掛けるということは、少なくとも嫌悪感を抱いてないレベル、普通以上ってことでしょうからね、まあおいらもそういう経験があったりしますが、そういうのって不意打ちだったりするので、変にいい人振ってしまったりするんですよねw

まあ街を歩くときは常にナンパトークを意識していたいものです。


たま
ほーフェイスブックですか! しかし、こういうのって目立ちたがり屋さんばかりですよね…かまってちゃんの集まりばかりですわ。


LIGHTAN
>たまさん
wikiに
・最初はアメリカの学生限定のSNS

・Facebookのアカウントは実名と本人の顔写真、実社会でのプロフィールの登録が義務づけられているが、「それらを誇れる人にとっては有効なのですが、コンプレックスを感じる人にとっては見えない壁を感じる」と指摘している。

とありますが、とどのつまりfacebookはこの2点に集約されるんじゃないかと。

せいぜい在学校格差くらいしかなく、環境的にも対外的にも自分の心にも変化に富む毎日の学生にとってはこんな楽しいツールはないでしょうね。

もう1点の、社会人が上記のフィルターをくぐってきたところで投稿するものといえば旅行か食事(食べ物)か子供のほぼ3択。

その3つの褒め合い晒し合いツールって感じですね、日本の現状はw


たま
すごい世界ですよね。現実だけでなくインターネットにまで…なんか息抜きができない世の中ですわな…

はじめまして
同じ千葉住という事でサクッと読ませてもらいました。
年齢は孤独さんより少し下だと思います。
チャンスあったら合流したいですね。
また遊びにきます。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
こんばんは。
同じ出身大学の女に片っ端から友達リクエストってスゴイ積極的ですね!
まさにナンパ師ならではの使い方(笑)

ナンパというアングラな世界に足を踏み入れた人間にとっては、
facebookのリア充の日記や写真は確かに異世界かもしれませんね、、、

とりあえず、スト2周年おめでとうございます!
2012/09/18(Tue) 00:20 | URL  | AO #-[ 編集]
>AOさん
出会い系サイトのノリでシコシコリクエスト送ってたらイエローカード送りつけられましたw

facebookは絵日記の交換日記の現代版て感じですね。
昔中学生くらいのときに各班ごとに交替で日記を書かせられたあれみたいな感じ。

女なんか主婦で暇なのか投稿されるものがもうブログ並に長文だったりしてw

それと毎日誰かが誕生日で「今日は〇〇さんのお誕生日です」とか通知してくるもんだから、大して友達でなくとも「いいね!おめでとう!→ありがとう!」のルーチンワークw

家族持ってる奴など子供やら旦那やら挙句にはペットまでもご丁寧に誕生日を申告してくれるからその度「いいね!おめでとう!→ありがとう!」のルーチンワークww

まあそんなことを言いながらもついつい毎日見てしまう自分がいるw
でもまだ一度も投稿はしたことないですけどね。

あ、いつのまにかブログ、ストともに2周年だったんですね、まったく気付きませんでした。ありがとうございます。

いいね!
2012/09/19(Wed) 12:11 | URL  | LIGHTAN #/mDnLlOE[ 編集]
いやはや
FBも流行ってますけど、まあ一過性のものじゃないかと。。

やるならずっと続ければいいのに、そうでもないのが日本人の良いとこでも、悪いとこでもあり。。

そういえば、この前信号待ちをしてたら向こう側にニット帽を被り、ニーハイソックスを履いた可愛い女の子が立ってて、可愛いなあ〜なんて思いながらチラチラ見てたら、信号を渡ったところで、「すみません!」と声をかけられまして。。

まあ、要は単に道を聞かれただけだったのですが、道順を二回くらい教えて、二回くらい「すぐ分かりますね?」と聞かれて、「簡単な道のりなんで、すぐ分かりますよ!」と力強く伝えて別れたのですが、後からアレ、もしかして一緒に来て欲しいということだったのかしらと思い直してみたりして、普段からアンテナ張ってないといざという時にチャンスを活かせないことを痛感しました・・
2012/09/19(Wed) 23:10 | URL  | りゅう #z7xCh13Y[ 編集]
>りゅうさん
それはちょいと惜しいことをしたかもしれませんね・・・
普段からアンテナ張ってれば
「あ、もしよかったら暇なんで一緒に行きますよ。」
と自然に出ますからね。あとはまったり併走フリートークへと。。。

ちなみにおいらが以前付き合ってた女(もう何年も前ですが)は、おいらの前に付き合ってた男というのが、彼女が道を尋ねた見ず知らずの男だと言ってました・・・しかも男が年下w

女から声を掛けるということは、少なくとも嫌悪感を抱いてないレベル、普通以上ってことでしょうからね、まあおいらもそういう経験があったりしますが、そういうのって不意打ちだったりするので、変にいい人振ってしまったりするんですよねw

まあ街を歩くときは常にナンパトークを意識していたいものです。
2012/09/20(Thu) 00:36 | URL  | LIGHTAN #/mDnLlOE[ 編集]
ほーフェイスブックですか! しかし、こういうのって目立ちたがり屋さんばかりですよね…かまってちゃんの集まりばかりですわ。
2012/09/22(Sat) 22:11 | URL  | たま #-[ 編集]
>たまさん
wikiに
・最初はアメリカの学生限定のSNS

・Facebookのアカウントは実名と本人の顔写真、実社会でのプロフィールの登録が義務づけられているが、「それらを誇れる人にとっては有効なのですが、コンプレックスを感じる人にとっては見えない壁を感じる」と指摘している。

とありますが、とどのつまりfacebookはこの2点に集約されるんじゃないかと。

せいぜい在学校格差くらいしかなく、環境的にも対外的にも自分の心にも変化に富む毎日の学生にとってはこんな楽しいツールはないでしょうね。

もう1点の、社会人が上記のフィルターをくぐってきたところで投稿するものといえば旅行か食事(食べ物)か子供のほぼ3択。

その3つの褒め合い晒し合いツールって感じですね、日本の現状はw
2012/09/24(Mon) 09:47 | URL  | LIGHTAN #/mDnLlOE[ 編集]
すごい世界ですよね。現実だけでなくインターネットにまで…なんか息抜きができない世の中ですわな…
2012/09/30(Sun) 16:18 | URL  | たま #-[ 編集]
はじめまして
同じ千葉住という事でサクッと読ませてもらいました。
年齢は孤独さんより少し下だと思います。
チャンスあったら合流したいですね。
また遊びにきます。
2012/12/09(Sun) 10:11 | URL  | 健 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック