まったくモテない41歳独身底辺男が流されるがままに適当に生きながらもがき足掻く日記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




先日の金環日食の件だが、オイラは天体のこういった珍しい現象にはそこそこ興味があり(特に皆既日食には遭遇してみたい)、金環日食も暇だったら見たかったわけだが、あいにくその日は仕事であり、どうせ見れないだろうと日食グラスなどは買わなかった。

いや、ひょっとしたら仕事中でもうまい具合に荷卸し中で、スタンドから見られるかもしれないから日食グラスを買っておこうか?とも思ったが、日食の日が近づくにつれ売り切れ店続出とか言っているし(実際自分で店頭を回ったわけではないが)、なんか当日は曇りで日食は見れない可能性が高いなどとニュース等で言っていたし、なんか直前になって買うのも格好悪い感じがしたので(←こういう誰もオッサンのことなど見てないのに自意識過剰なところが自分で嫌)、そのまま買わずにいた。

前日ではニュース等で「太陽は絶対に肉眼で直視してはダメ。日食網膜症になる恐れ」としきりに言っていたので、母に「なんだか日食でえらい騒いでいるけれど、絶対に肉眼で太陽を見てはいけないよ。日食網膜症になってしまうよ。最悪失明だってよ。」などと一応メールで注意奮起したりしていた。

で当日。
ラジオではどの局でも大袈裟なくらいに日食を煽り、6時くらいからニュースそっちのけで中継しているところも多かった。
しかしそんなお祭りムードとは裏腹に空は曇りムードで太陽もその雲に隠れている時間も長く、オイラは内心「ははっ、サングラス買った奴ざまあっw」とか思っていたが、7時前くらいからどんどん雲がはけてゆき、ラジオではもう太陽が4分の1欠けただの3分の1欠けただのきれいによく見えるだの、あたりが夕方みたいになってきただのそのテンションの上がりようはラジオからでもよく伝わってきた。

その頃オイラはローリーで高速を走っていたわけだが、そんな欠けただのなんだの言われればその様子を見たくなるもの。
運転しながらもチラチラと太陽を直視(もちろん肉眼で)したりしていた。

そのままよく太陽が見えたまま、7時過ぎに埼玉県の某スタンドに到着した。
曇っていれば、または建物等で太陽がよく見えない場所なら諦めもついたのに、皮肉にも太陽はよく見え、また時間もまさにこれからクライマックスという、絶好の時間帯にちょうどよくスタンドに到着しやがった。

まあとにかくは仕事、安全作業が第一なのでそこは怠ることなく、しかし迅速に作業を進め、ホースを挿し、その作業中でも徐々に辺りが夕方のような暗さになってゆくのがわかり、おのずとオイラのテンションも上がっていった。
スタンドの店員も外に出て来て太陽の方を見たりしていた(肉眼でw)。

オイラも肉眼での直視はもちろん目に悪いことはわかっていたので、1秒未満のほんとのチラ見を3,4回くらいしていたが、太陽が半分以上隠れた時点でも太陽があまりに明るすぎるため、太陽を見たところで真っ白でなにもよく見えない・・・
やはり日食グラス買っておくべきだったなあと少し後悔した。

荷卸しが終わったが、もうすぐ金環日食を迎える7時30分になるところであり、ついでなのでその場で携帯のワンセグでテレビの状況などをチェックしつつ(テレビもどんなにレアな日本代表の試合よりも盛り上がっていた)、まあほんのチラ見ならいいだろ、ちょうどよく曇掛かってることだし、ってことでまた一瞬だけ太陽を直視することにした。


・・・・ん、まあ見えた。一瞬だが確かに糞眩しい白い太陽の中に薄っすらとまるい線が見えた。
しかしやはり太陽が明るすぎて重なった月も太陽と同じ色をしており、まあ正直どうということはなかった・・・

というか、やはりなにか見てはいけないものを見た、なにか、街道や林道の脇にまれに建っていたりする、誰がなんのために建てたか知れない150cmくらいの古びた小さい小屋で、観音開きの格子状の木の扉の、なぜかその格子の1箇所だけ穴が開いている(小屋の主の覗き穴という説あり)この小さい小屋の、扉を開けてしまってその中にいる何者かと目が合ってしまった、みたいなそんな感覚に襲われた。

その後はなにか目の調子がよくなかった。目疲れするし涙が出る。
なんか不安になってきていた。

翌日、仕事中空がだんだん明るくなっていくと右目に明らかに違和感を覚えた。
なにかこう、細かいゴミのようなものが浮かんだり消えたりしているように思える。
なんだこれ?ひょっとして昨日見た日食の後遺症か?!
そう思うとひどく狼狽すると同時につくづく己の馬鹿さ加減に辟易し、太陽を肉眼で直視したことを猛省した。

家に帰り、ネットで日食網膜症の症状やこの違和感の症状について調べるうち、どうやらこの細かいゴミのようなものの正体は「飛蚊症」のようだった。

主に明るい場所やPCのモニターや白い紙などを見ているときに出現し、文字通り蚊のような小さい点が突如視界に入ってはそれを目で追うとまるで逃げるかのように視線に合わせて移動したり、または昼間の空などを見たときに、透明な糸くずのアメーバのようなものが何体か現れて動いているように映ったりするという、厄介なものであった。

その多くは加齢により多くの人がなる症状らしいが、一方で網膜剥離の初期症状など他の病気などが原因の可能性もある。
前者なら病気ではないのでとくに問題はないらしいが、しかしこの飛蚊症の症状が消えることは一生ないらしいのと、逆に加齢にともなって増えていくとのことである。


どちらにしろ、この症状が消える見込みは薄いという事実を知り再び狼狽したが、しかしこれが日食が原因でなったとすると、本当に取り返しのつかないことをしてしまったという自責の念が頭を離れない。


まあそんなことで悶々としていても仕方がないので、先日眼科に行って来た。

正直いい歳こいたオッサンが日食を肉眼で見て目がおかしくなったと伝えるのは恥ずかしかったが、ただの飛蚊症じゃなかったら最悪失明かもなんて聞かされてるもんだから、恥ずかしいなどと言っている場合ではない。

しばらく待っていると、待合室で再び看護師さんが詳しい症状を聞きに来るわけだが、その症状を書き取る用紙をちらっと見たら、驚いたことにその用紙は日食専用のテンプレートになっていた。

つまりもう質問内容が日食仕様にできあがっており、どの場所で見た(詳しい県や市)とか、見ていた総時間とか、天気はどうだったとか、ちゃっかりもうそういう質問用紙が用意されていた。

つまり症状は違えどオイラのように日食を見て目に違和感を感じて駆け込んできた人がすでに何人もいたということであり、見込まれていたということだ。

まあこれはもう日食の当日から言われていたことだし、当日からすでに何人も眼科に殺到みたいなことがニュースにはなっていたが、まさか専用テンプレートまで用意されているとは思わなかった。


で、その後視力検査をはじめ屈折検査、細隙燈(さいげきとう)顕微鏡検査、精密眼底検査、精密眼圧測定などを受け、結果的には異常なしだったのだが、この飛蚊症の原因が日食が原因かどうかというのはわからないということでありながらも(日食以前から飛蚊症になっていたがオイラが気付いてなかっただけという可能性もある)、やはり飛蚊症というものの原因は老化であり、基本的には一生この飛蚊症は治らないと告げられ、それらは色々な意味でショックであった。

まずこの飛蚊症が日食のせいであれそうでないであれ、日食を見なければそれに気付くことはなかったか、気付いたとしてももう少し後年になったはずだし、オイラは外見同様、やはり内蔵面でも確実に老いているという事実を医者の口から知らされたことが少なからずショックであった。

今まではなにか医者に掛かれば逆に「まだ若いから〇〇の心配はないですが、」とか「まだ若いので〇〇ということはないですが、」など、肉体的な若さからみた解釈やコメントを聞くことがほとんどで、オイラとしてもなにか精密検査を受けたとしてもその結果を聞きに診察室のドアを開けるときに、ドキドキはしながらも「絶対的な肉体の若さ」という分厚い免罪符を携えていたので心のどこかで余裕は持っていたのだが、いつの間にかその免罪符も薄汚く薄っぺらなものになっていた。

アラフォーになり、あらゆる方面、あらゆる方角から自動的に老いを実感させられる、今日この頃である。



・・・ところで目を精密検査するのに、瞳孔を開かせる「散瞳剤」というのを点眼するのだが、点眼すると文字通り徐々に瞳孔が開いていき、近くのものがすごくぼやけて携帯の文字ももうまったく読めない状態になってしまうのだが、それだけでなく、瞳孔が開きっぱなしのため、晴天の真昼間などただでさえ眩しいのに光を集めまくって目を開けていられないほど眩しく、白いもの、特に反射塗料が塗られている横断歩道などの白線は殺人的に眩しくてとてもじゃないがまともに目を開けて歩ける状態ではなく、こんなことならサングラスをもってくれば良かったと思った。

検査のためにこういう薬を挿されるんじゃないかとは思っていたが、まさかこれほどの症状になるとは思っていなく、しかも4~6時間もこの状態が続いたので、こんなんじゃとても運転などできるはずもなく、というより文字がまったく読めない状態だったので、休みの日に行って本当によかった。
スポンサーサイト




【2012/05/30 17:31】 | 日常
トラックバック(1) |


ハーレー乗りナンパ師
トレーラーいいですね
うまくあのデカイ車体を折り畳んで収めているのを見ると尊敬します

大型一種とけん引一種は試験場で取ったのでしょうか?

僕は女をハーレーに乗せるために自動二輪の限定解除をお金で買ったヘタレです


通りすがり
僕もアラフォーです。見てしまいました、バカですね。もともと飛蚊症はありましたが、ちょっと増えたような気はします。でもかなり眼に気を遣うようになったんで、何も気が付かず取り返しのつかないことになる前で良かったとは思ってますが。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
トレーラーいいですね
うまくあのデカイ車体を折り畳んで収めているのを見ると尊敬します

大型一種とけん引一種は試験場で取ったのでしょうか?

僕は女をハーレーに乗せるために自動二輪の限定解除をお金で買ったヘタレです
2012/06/01(Fri) 07:01 | URL  | ハーレー乗りナンパ師 #-[ 編集]
僕もアラフォーです。見てしまいました、バカですね。もともと飛蚊症はありましたが、ちょっと増えたような気はします。でもかなり眼に気を遣うようになったんで、何も気が付かず取り返しのつかないことになる前で良かったとは思ってますが。
2013/07/30(Tue) 21:46 | URL  | 通りすがり #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
先日の金環日食の件だが、オイラは天体のこういった珍しい現象にはそこそこ興味があり(特に皆既日食には遭遇してみたい)、金環日食も暇だったら見たかったわけだが、あいにくその日は仕事であり、どうせ見れないだろうと日食グラスなどは買わなかった。いや、ひょっとし...
2012/05/31(Thu) 18:00:08 |  まとめwoネタ速neo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。