まったくモテない41歳独身底辺男が流されるがままに適当に生きながらもがき足掻く日記
そんなだから1995年、19歳の記憶というものがほとんど無い。

その春、別に行きたくもなかった地方の三流大学に行くことになった。
一生消えることのないコンプレックスがまたひとつ加わった。

その大学へは実家から確かdoor to doorで2時間くらい掛かった。
それでサークルだのバイトだのやってる暇はなく、それでも途中下車駅や地元の駅周辺などでコンビニのバイトの面接とか受けるが、ことごとく落とされた(対人能力の欠落を見抜かれたのが主な原因だろう)。

そんなだから大学で友人などできるはずもなく、大学に行って講義に出て帰るだけみたいな、浪人時代の予備校の授業を受ける感覚となんら変わりはなかった。

友人というか、会えば挨拶くらいは交わすというレベルの知り合いは、この大学では1年次からゼミがあり、大学入学前にオリエンテーションと称してある場所に一泊二日で研修(といっても何をするでもなく顔見せというか、友達作りが目的みたいなもの)したときに一緒に寝泊りした2,3人だけであり、結局卒業までこれ以上増えることはなく、授業やテストの情報を得たり、ノートの貸し借りということがごく限られた授業でしかできなかったため、そういった意味では単位を取得するのに苦労した。


とくに目的もなく大学に入った。とくに学びたいこともなく、将来とくにやりたい仕事もなく。

ろくに大学のことなど調べもせずただ漠然と、とりあえず大学を出ておけば少しくらい就職には有利、くらいにしか思っていなかった。

親は親で大学がどういうところか、あるいは何を学ぶところかもよく知りもせず、また就職したときに大卒と高卒じゃ給料が違ってくるだのといった、高度経済成長期の古き良き日本の典型的な終身雇用企業のイメージを持っているくらいで、今の時代はとりあえず大学くらいは出ておかないと、みたいな今となってはとうに時代遅れの認識でしかなかった。


とは言うものの、大学時代、若いときにこれだけはやっておけとか、できるだけ色々な場所に行っておけとか、色々な人と出会っておけみたいな、人生の先輩としての若者へのアドバイス的なことは一切言うことはなく、夏休みに入ると親はしきりとバイトしろと言い出した。
高校の頃はあれほどバイトはダメと言っていたくせに。

俺も金が無いし、できることならバイトをしたかったが、実家が田舎なもので周囲でバイトを募集しているところもなかなか無く、たまに募集しているコンビニに応募してみても、地方のコンビニのバイトの競争率が高いんだか、それとも俺が社会不適合者なのかでとにかく採用の電話が来ることはなかった。

ちなみに35歳の現在まで本物のレジを触ったことは一度も無い。

結局こういう人間はダークな仕事しかなかった。まだ青春真っ只中の20歳なのに、夜な夜な閉店後の店舗の掃除とか、夜な夜な公共の電柱に雀荘の広告のビラ張りとかそういうリタイヤした日雇い労働者がやるようなバイトしか採用されなかった。


夏が終わるとまた大学の授業が始まるわけだが、とにかく女との接点が無かったし、俺から接点を持つ術もなかった。

というか、こんな三流大だから周りにいる女はほとんど現役、つまりひとつ年下、19歳なわけで、それでもなにか自分よりとてつもなく大人に見えた。

そんな自分よりも大人でキラキラ輝きまくってる女に、地味でブサイクでデクノボウなだけの俺が何の理由もなくそんな女に声を掛けられるはずもないし、掛けられるわけもなかった。


なにか違和感があった。自分が彼女ら、または彼らと同年代という感覚がなかった。

自分が「若者」という感じがしなかった。容姿が老けていたことと、服装がダサかったというのもあっただろうが、もっと根本的なものがすでに若者ではなかった。

自分がどのようにして「若者」になればいいのかもわからなかった。


また、急速に茶髪が市民権を得たのもこの頃で、テレビの女子アナなんかにまでみんな茶髪になっていったのもこの頃からだったと思う。

日焼けサロンもこの頃やたらあちこちにできていた。男のロン毛、ピアスも流行った。
つまりそういういわゆるチャラ男がやたらモテた時代であった。

チャラ男の要素のすべての真逆をいっていた俺は当然箸にも棒にもかからなかった。
それに加え、すでに自分の容姿に対するどこか諦めがあり、この頃の俺は男も結局容姿がいい奴だけがモテるという考えで凝り固まっており、恋愛など端から放棄していた。

とにかく同世代の若い女がとてつもなく遠い存在に感じた。


この時代繁華街ではナンパは今なんかよりももっと頻繁に行われていた。
各地にいわゆる引っ掛け橋のような、男も女もナンパ目的で来る場所、明確なナンパスポットというものが存在していた。

または新宿や池袋など、夜になると今とは比べ物にならないくらい、ナンパ師が現れナンパが行われていた。

その頃の俺は、そんな行為を横目にナンパとはまったく無縁の存在だと思っていたし、ナンパができる人間は並以上の容姿、それと並以上のユーモアと対話能力が備わったものだけができる、いわば選ばれし者だけができる特権だと思っており、そうではない人間が路上でナンパなど行うことは許されない行為だと思っていた。

まさかその地で10年以上も後、自分が三十路も中盤になった頃にナンパをしていようなど、この頃の俺はまず夢にも思っていなかった。


1年修了時、すでに大学の単位はギリギリであった。
大学まで遠いせいもあって、1限の授業などほとんど出られなかったし、早起きしてまで出る情熱もなかった。

けっこう単位を落としまくった。ギリギリ2年には上がれるがそれから先4年までみっちり単位を取らないと卒業できないレベルであった。

しょうがなく、いや、むしろこれをいい口実として、親から大学の近くで一人暮らしをさせてもらう承諾を得た。
もちろん大学に通いやすくなるという理由が一番だが、やはり一人暮らしというものに憧れもあった。


この時点ではまだ、童貞であった。
20歳にして童貞、10代で経験することができなかった。
こんな冷めた俺でも、少なくとも焦る気持ちもあった。


(つづく)
スポンサーサイト




【2012/02/29 16:21】 | 自己紹介
トラックバック(0) |


はじめまして。
内容が深いですね。小説を読んでいる感覚です^^
つづきが気になります(>_<)


たまたま
たしかに、おとなしくて真面目な子って将来小さな挫折が大きな傷になったりしますよね。
あと、大学はたしかに行かなくてもいいですよね。特に文系なんか要らないです。


ハーバードナンパスクール佐藤エイチ
続きを楽しみにしていますね♪


タンクローリーに乗りたい
当方、指定教習所で11m大型一種を取得しました。
将来的にタンクローリーを転がすにはどの道が一番でしょうか?

まず大型トラックで経験積む、けん引一種取りに試験場通う、指定教習所でとりあえず取ってしまうなど選択肢があると思います

ちなみにナンパの一発試験なら通ったことあります


ライタン
>皇さん
はじめまして。
ありがとうございます。
実は書きたい記事が溜まっているのですが、時間が無くてなかなか更新できない状態です・・・
できるだけ早く更新していきたいと思います。

>たまたまさん
文系はただ大学に通ってるだけじゃ何も身につきませんからね・・・
遊ぶなら遊ぶで海外行ったりそれこそナンパにいそしんだりと徹底的に遊び倒さないとダメですね。

>佐藤エイチさん
毎度コメントありがとうございます。

>タンクローリーに乗りたいさん
《将来的にタンクローリーを転がすにはどの道が一番でしょうか? 》

とのことですが、まず
・大型一種免許
・けん引免許
・危険物取扱者乙4

を取得してください。
大型一種は持っているということなので、あとの二つを自分で取得しておいてください。

あとは、大型未経験でも採用してくれる会社はありますので、ハローワークやネットで探してみてください。
それらで良い募集がなかったら、ローリーを扱っている運送会社を調べて募集しているかどうか直接電話してしまうのが意外と良い方法です。

ちなみにオイラは大型はまったく未経験から採用されました。

でも、いきなりトレーラーは乗せてもらえないし、乗りこなすのも無理です。あれだけは免許取ってからも多少練習が必要です。

ではがんばってください。



たまたま
いやいや文系で遊んでたら死にますよw
バブル時代はそれで良かったですが、今はその遊んでた連中がリストラされてます。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
はじめまして。
内容が深いですね。小説を読んでいる感覚です^^
つづきが気になります(>_<)
2012/03/01(Thu) 00:27 | URL  | 皇 #-[ 編集]
たしかに、おとなしくて真面目な子って将来小さな挫折が大きな傷になったりしますよね。
あと、大学はたしかに行かなくてもいいですよね。特に文系なんか要らないです。
2012/03/01(Thu) 21:28 | URL  | たまたま #-[ 編集]
続きを楽しみにしていますね♪
2012/03/02(Fri) 15:40 | URL  | ハーバードナンパスクール佐藤エイチ #-[ 編集]
当方、指定教習所で11m大型一種を取得しました。
将来的にタンクローリーを転がすにはどの道が一番でしょうか?

まず大型トラックで経験積む、けん引一種取りに試験場通う、指定教習所でとりあえず取ってしまうなど選択肢があると思います

ちなみにナンパの一発試験なら通ったことあります
2012/03/02(Fri) 17:39 | URL  | タンクローリーに乗りたい #-[ 編集]
>皇さん
はじめまして。
ありがとうございます。
実は書きたい記事が溜まっているのですが、時間が無くてなかなか更新できない状態です・・・
できるだけ早く更新していきたいと思います。

>たまたまさん
文系はただ大学に通ってるだけじゃ何も身につきませんからね・・・
遊ぶなら遊ぶで海外行ったりそれこそナンパにいそしんだりと徹底的に遊び倒さないとダメですね。

>佐藤エイチさん
毎度コメントありがとうございます。

>タンクローリーに乗りたいさん
《将来的にタンクローリーを転がすにはどの道が一番でしょうか? 》

とのことですが、まず
・大型一種免許
・けん引免許
・危険物取扱者乙4

を取得してください。
大型一種は持っているということなので、あとの二つを自分で取得しておいてください。

あとは、大型未経験でも採用してくれる会社はありますので、ハローワークやネットで探してみてください。
それらで良い募集がなかったら、ローリーを扱っている運送会社を調べて募集しているかどうか直接電話してしまうのが意外と良い方法です。

ちなみにオイラは大型はまったく未経験から採用されました。

でも、いきなりトレーラーは乗せてもらえないし、乗りこなすのも無理です。あれだけは免許取ってからも多少練習が必要です。

ではがんばってください。
2012/03/03(Sat) 11:53 | URL  | ライタン #/mDnLlOE[ 編集]
いやいや文系で遊んでたら死にますよw
バブル時代はそれで良かったですが、今はその遊んでた連中がリストラされてます。
2012/03/06(Tue) 17:06 | URL  | たまたま #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック