まったくモテない41歳独身底辺男が流されるがままに適当に生きながらもがき足掻く日記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




先月口内炎になった。右下の歯茎の対面の顎内頬のあたりだ。

といってもオイラは結構口内炎になりやすい体質でそうめずらしいことではないのだが、今回はちょっと参った。

口内炎というのはその原因が正確には分かっていないとされながらも、ストレスや睡眠不足、ビタミン不足など原因として関わっていると思われるものがいくつかあるとされているが、その中でもオイラの場合、やはりストレスと睡眠不足と疲れが重なるとできやすい状態になる。

で、口内炎ができたなあと思ったら早くても3,4日~1週間くらい完治まで掛かり、できるだけ早く治したいのでオイラは結構早めに対処するようにしており、口内炎が出来たらとりあえずチョコラBBローヤル2をコンビニで買って飲み、飯を食った後はチョコラBBプラスを飲んで寝る前に患部に軟膏を塗る。

そして物を口に入れるのすら困難な場合は、口内炎パッチ大正Aを買ってきて患部に貼り、それでなんとか保護して食事したりする。

これくらいの波状攻撃を掛ければだいたいが3,4日で快方に向かうのだが、今回は1週間経ってもいっこうに快方に向かわないどころか、今度は反対側の左内頬にもできやがった。

2交代勤務による不規則極まりない生活習慣、肉体労働者の宿命である肉体的疲労、運転による目の酷使、少なからずも発生する人間関係によるストレス等々、それらによるカラダへの負担がある種の飽和状態を越えて非常に口内炎ができやすい状態にあるのだろう。

こういう状態のときは、なにかしょっぱいものとか、ちょっと刺激が強いものを食べただけで口内炎になってしまう。

こいつも波状攻撃を掛けてるのにも関わらず(なにげに結構金が掛かる)一向に快方に向かう気配がなく、こいつをかばいながら飯を食うため、飯がまったくおいしくない。保護として当てているパッチも何枚一緒に飲み込んでしまったかわからん。

酒もおいしくない。口内炎のときくらい酒やめたら?と思うかもしれんが、酒で少しでも脳と神経をマヒさせないと飯食うのがつらい。そのくらい痛い。

しかしそのうち、最初に出来た右内頬の口内炎は度重なる波状攻撃によってようやく鎮火し快方に向かう。発症した日から10日くらい掛かった。

それからしばらくして左内頬も昼夜問わずの度重なる波状攻撃によってようやく鎮火し快方に向かう。こちらも10日くらい掛かった。


そして快方に向かい鎮火しつつはあるがまだ痛みがある時に実家に帰り、親と飯を食ってるときにしゃべりながら食っていたら思いっきり下唇を噛んでしまった。血がどくどく出た。

ふだん人と一緒に食べたりしないんで、久々にしゃべりながら食べるという慣れない行為をやったもんだからその感覚を忘れたのか自分の下唇を食いもんだと勘違いして思いっきり噛んじまった。

で噛んだ瞬間、嫌な予感はした。今オイラのカラダは口内炎が非常に出来やすい状態にあるから、噛んだところが口内炎になるんじゃないかと。

血はすぐに止まり、傷口は切り傷になって痛みはあったが、次の日になっても口内炎にはなっていなかった。

しかし、その次の日その傷口の痛みに加えて別の痛みを覚えたので鏡でよく見てみると案の定口内炎ができていた。
しかも、その傷口を囲むようにして白いアフタ性口内炎が3つも出来ていた!

その様はもうかなりキモくグロく、そして痛々しく実際痛くて、水を飲むだけでもそれがすごく滲みて、ここでもパッチにお世話になるほかなかった。まったく参った。


結局その頃には左内頬の口内炎は治っていたのだが、この悪魔のトライフォース型口内炎も完治まで10日くらい掛かり、結果最初の右内頬の口内炎から約1ヶ月間も口内炎に悩まされた。


そしてやっと一息つけるわと思えば今度は左内手首が2,3日前から痛い・・・
調べてみるとどうも腱鞘炎ぽいなこれ・・・
また厄介な・・・orz

オイラ1年を通してまったく調子が悪いところがなく快調って状態がほとんどないわ。こういう不規則肉体労働してるから宿命なのだろうけど。

なにか新しいことをやろうとか、やりはじまったってときにも度々どっか痛いとか調子悪いとか始まるからつくづく嫌になる。

スポンサーサイト




【2011/10/19 16:23】 | 日常
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。