--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011/01/06

年末年始貧乏暇ナシ記憶ナシ、ヨシ!

年末年始はずっと仕事でほとんど夜番だった。
だった、というか、今も続いている。
先月27日から明日の7日まで休みが1日しかない。元旦だけだ。

と言っても31日も夜番だったので、ガソリンスタンドで荷卸し中に年が明け、元旦の明け方に家に帰り、2日の夜からまた仕事だったので、結局27日から明日7日まで毎日職場に顔を出しローリーに乗っていることになる。



こんな感じなので季節感がまるで感じられない。いつの間にかクリスマスが終わり年が明け正月モードが終わって通常モードになっている。


基本仕事がある日はその帰りにちょっとコンビニに寄るくらいで出歩いたりせず家に帰って呑んで寝るだけ。ネットは毎日見るがテレビはまったく付けない日の方が多い。

だからネットやラジオで文章や音声で世の中の動きの情報はだいたい入っているのだが、出歩いたりせずテレビもロクに見ないから映像として記憶に残らず、余計に季節感の印象が残らないのだろう。

それに加えてオイラの仕事は慣れてしまえばルーチンワークのようなもので、事故でも起こさなければ印象に残る日などほとんど無く、1日寝ればもう前日のことなんかすっかり忘れてしまっているわけだから、そりゃ1年が経つのが早いわけだ。



それでも無理矢理記憶の糸をたどってみると、まず休日だった25日に自宅ですき焼きをやって食べた。もちろん1人で、だ。

この日スーパーに行くとそんなに遅い時間帯じゃなかったのにおそらく土曜日のクリスマスだったからか客もあまりいなく、クリスマスだからと多めに出したのであろう、売れ残った2,000円台の牛肉が半額だったのでそいつで1年振りくらいですき焼きをやったのだ。



26日~30日は本当にまったく記憶がない。



31日は年明けをスタンドで迎えた瞬間と、年をまたぐ0時前後に首都高から見えた東京スカイツリーが白くライトアップされていたのは覚えている。

明けて1日はまず家で寝て、それからとりあえずテレビを点けてみるが相変わらずくだらん番組しかやってなかったのですぐ消して今さら年越しそばを食べながらネットやモンハンをやり、日が暮れてから実家に帰り実家であんこう鍋を食べる。

2日、雑煮と昨日の鍋の残りを食べて昼過ぎには仕事のため帰宅。

3日~4日記憶無し。

5日、昨日のことはさすがにちょっとだけ覚えているがw


まあオイラのこの年末年始はこんな感じだ。クリスマスのすき焼きと正月のあんこう鍋以外、まずロクなものを食べていない。コンビニに寄らない日はないし、コンビニで売っているものを口にしない日はない。

まああまり長生きはできないだろうな。


コメント

非公開コメント

まだいいほうです

私なんか就職難の世の中、交通誘導警備員の仕事をやっているのですが社会・厚生・雇用保険に入れてはもらっているのですが基本給の保証も賞与や退職金もなく更に毎年4月~6月にかけて仕事が月に5日程度しか出勤出来ず生活が非常に苦しく特に老後の年金額が心配です。あなたと全く反対です

書き忘れ

ちなみに私は現在45歳で32歳の時からこの仕事をやっています

ここ孤独なひとにお勧め
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。