まったくモテない41歳独身底辺男が流されるがままに適当に生きながらもがき足掻く日記
最近の俺のブログは相場回顧日記になってしまっている。
それは現在に至っても相場が生活の中心になりつつあるのでそういうことになっている。
とはいえトラック運転手の仕事を辞めたわけでもなく、引き続き独身であり彼女もいないし作る気もない。
まあ過去の相場の回顧録ばかり綴っていても退屈なので、ちょっと最近の俺について書きたいと思う。

生活的にはナンパに励んでいた5,6年前とさほど変わってはいない。相変わらず酒は好きで飲むが、やはり若干弱くなった気がする。気持ち悪くなったりということはないのだが、すぐ眠くなるし、もうお腹いっぱい、飲まなくていいや、ってなる。
あと翌日にアルコールが残りやすくなったので、夜中出勤の時などは4,5日まったく飲まなかったりする。

週1ペースのジョギングはなにげに3年くらい続いている。軽い筋トレも続いており、おかげさまで20代の頃と体重はさほど変わっていないし、中年太りにもなっていない。

とはいえ、兎にも角にも40歳を過ぎていよいよというかまあどこからどう見てもザ・オッサンになった。
35、36歳くらいまではオッサンだオッサンだ言っててもどこかまだ余裕のある、若さの残るオッサンであったが、40歳を過ぎてガクっとオッサンになった感じだ。

子供から見ると、例えば自分が小学生中学生頃のことを思い出してもらえればわかると思うが、この頃の自分の親が30代から40代になっていくのを見ていても、自分の成長による変化の大きさの方が凄すぎて、親などほとんど変わってないイメージがあったが、しかしいざ自分がそうなってみると中年は中年で年々確実に老いていくのが手に取るように実感できる。

あとは喜怒哀楽、感動することが激減した。いや、ムカついたりストレスや怒りの感度は増した気がするが、その他の感情が揺り動かされる頻度も振れ幅も減少した。
なにを見たり読んだり聞いたりしても腹を抱えて笑うことなどまずないし、とりとめもなく涙を流して泣くこともない。
だから最近はDVDを含め映画もほとんど観てないし、漫画も読んでいない。
あとあれほど好きだったゲーム欲もまったく無くなった。あれはもう膨大な時間の無駄以外のなにものでもない。
俺はこれまでの人生でゲームの時間だけを取り出したら何年分あるかしれたもんじゃない。

それから、脳が時系列的に思い出をデータセーブしなくなってきた。
各データへの日付機能も劣化してきているのだろう。
と同時に、前述の通り日々感動が無いため、日付するデータに値しないとみて時系列的に整理していないのかもしれない。
これは例えば、30歳くらいまでは、何歳の夏になにがあった、何歳の秋になにがあったというふうに、パッパッと記憶が出てくるが、それ以降になるとかなり怪しくなる。
33歳の夏、36歳の夏、37歳の秋、38歳の秋、の思い出は?と言われてもなにも思い浮かばない。
記憶に残るイベントがほとんどないからだろ、と言われればそれまでだが、しかし年に1回は一応温泉旅行などもしており、しかしその旅行がどの年にいったものかとなるとかなり考え込むことになってしまう。
仕事面においてもほぼルーチンワークで思い出に残ることなどほとんどないので余計そうなるのだろう。
でもまあこれはどんなスリリングな仕事をしていても毎日その仕事をしていれば脳も慣れてきてしまってみんなそのようになるのかもしれない。

とにかくまあ脳がそんな状態なものだから余計に時計が早く進む進む。経過する経過する。
いつもこんなことを書いているような気がするが、実際そうなのだからしょうがない。無情にも老いは外見と同時に感性もデータセーブ能力も確実に劣化させている。

そして時間が経過し、歳をとれば風景も変わる。ここ3,4年のスマホの爆発的普及は目を見張るものがあるが、街中の小学生が普通にスマホを持ち歩いているのを見るとさすがに世代間ギャップを感じずにはいられない。
子供のときにスマホがある生活って想像すらつかない。
そしてこの小中学生が生まれた時って俺何歳だったんだよなにしてたんだよ、とかすぐそういうくだらないどうでもいいようなことを考えたりする。
するとまあとっくに大学なんか卒業しててすでに社会人として働いてるし、てことはつまり普通にこの子らの親世代じゃね?という世代間ギャップに愕然とし、とはいえその頃ですらすでにカメラ付き携帯が普及してて普通にネットも普及してて2ちゃんねる見てネットショッピングしてパソコンでオンラインゲーやってたんだから、そんな時代に生まれた子供がもう中学生とか高校生になっているのかと思うと愕然とする。

自分が40代になって、やはり世代が大きく動いたように感じる。自分が10代から20代、20代から30代になったときよりもそれは大きい。
いつの間にかテレビに出ているスポーツ選手はほぼ年下だ。
中年太りしたプロ野球の選手も、ハゲ散らかして走ってるサッカー選手もいつの間にかみんな年下。
関取りも横綱だろうが50歳前後のオッサンの顔してようがみんな年下。
リアルの世界じゃ歯医者にいったときや病院で診察を受ける時に明らかに自分より若い先生に遭遇する確率の方が高くなった。

自分としては時間を無駄にしている自覚はまったく、それなりにプラスになる作業を少しずつでもやっているつもりではあるのだが、とはいえ日々前進しているようにも思えなく、40歳を過ぎてもなお日々悶々としており、なにかもうこういう因果律なのかなんなのか、もう高校生くらいからこの律からいっこうに抜け出せていない。

なんかダラダラと陰鬱な記事になってしまったが(いつも通りか)今後もとりあえず相場のことと、自分の近況などを中心に書いていきたい。



孤独地獄男を応援してみよう
スポンサーサイト




【2017/04/29 05:27】 | 今思うこと
トラックバック(0) |

理想と現実的な
xturbo
昔からちょこちょこ読ませていただいてます。見栄張り合戦のSNSより地獄男さんのリアルなブログのほうが全然面白いです。はてなブログとかに移行したら、結構人気になるんじゃないでしょうか。

それはそうと、世の中の「夫は妻のATM」「結婚なんてしたら終わり」という独身男たちの大合唱の中、地獄男さんの自由気ままな生活はまさに理想の生き方と言えそうですが、そういうことでもないんですかね

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
理想と現実的な
昔からちょこちょこ読ませていただいてます。見栄張り合戦のSNSより地獄男さんのリアルなブログのほうが全然面白いです。はてなブログとかに移行したら、結構人気になるんじゃないでしょうか。

それはそうと、世の中の「夫は妻のATM」「結婚なんてしたら終わり」という独身男たちの大合唱の中、地獄男さんの自由気ままな生活はまさに理想の生き方と言えそうですが、そういうことでもないんですかね
2017/06/03(Sat) 08:45 | URL  | xturbo #EnqtKzKU[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック