まったくモテない41歳独身底辺男が流されるがままに適当に生きながらもがき足掻く日記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




信用取引口座開設により300万超の買付余力を獲得したのはよいが、めぼしい銘柄はとにかくもう、素人目で見ても買われ過ぎを示していた。
昨年末の安倍政権発足から半年間も押し目らしい押し目もなく上げ続けた。8,000円台から倍近い、16,000円弱までたった半年で上げてきたのだ。無理もない。
当時の俺は初心者も初心者、ど素人で、相場観などレベル1か2程度で、この先なにをどうすればまったくわからないものの、なぜか焦りばかり先行しており、とにかく今買わねばという一心であった。
とりあえず先日購入した「〇〇氏激選、爆騰株50銘柄」ムック本からピックアップすることにした。
この中で出遅れ株をピックアップし、購入することにした。

ここでピックアップした銘柄は、昭和飛行機工業とジェコスという銘柄であった。
マイナー銘柄のためかアベノミクスでも出遅れており、とはいえムック本では大化け株的な感じで紹介されていた。
ちなみに昭和飛行機工業はいわゆる含み資産株というやつで、本業がどうのというよりもその企業が所有している土地の価値の含み資産により、その企業価値も上がるという思惑で買われる銘柄であった。
この含み資産株暴騰という図式はどうやら80年代バブルの時代に演じられたらしい。
当時は東京のいわゆるウォーターフロント、大井あたりから豊洲あたりの不動産を持っている企業の株が暴騰した。
まだお台場やらレインボーブリッジのない時代だ。
一方ジェコスという会社は仮設鋼材のリースというかなりマニアックな会社だ。

まあどちらもバブればつられて上がりそうな銘柄ではあるが、証券だの金融だの不動産だのスマホ銘柄がボンボン上がっていた時期にこのような古典的な銘柄をわざわざ買うことはないだろうとは今は思うのだが、しかし当時はとにかく相場に関してはレベル1で右も左もわからなかったので、素直にこのムック本通りにこの2銘柄を買ってみた。


しかもこの時300万超の買付余力を見て気が大きくなったのだか知らんが、これら2銘柄をまず限度額まで現物で買った上に、それを担保にさらに信用取引を使って目一杯この2銘柄を買うという、いわゆる全力2階建てという禁じ手をわけのわからぬままブチかましていた。
それとあと余ったわずかな余力でもう2銘柄を100株とか200株とかの小単位で買った。
その2銘柄がなにであったかはもう覚えていない。


(つづく)


孤独地獄男を応援してみよう
スポンサーサイト




【2017/03/29 03:43】 | 投資
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。