まったくモテない41歳独身底辺男が流されるがままに適当に生きながらもがき足掻く日記
前回ナンパした場所は松戸駅周辺であり、ここは船橋とは違って駅を中心に円状に歓楽街が広がっており、また改札を出れば乗り換えということはなく、大半は帰宅者と思われ、そのため全体的に歩くスピードがゆっくりで声を掛けやすいと思った。

また、まんべんなく歓楽街が広がっているので自分の活動できる範囲が広く、移動できる範囲が広いというのは様々な点で好都合だった。

以上の点と、前回声掛けしたらなかなか反応が良かったので、今回もここでやることにした。

前回は出会い系に来たついでのウォーミングアップ声掛けみたいなもんだったので、ナンパの本格始動は今回からということになる。


この日、まだ日が落ちる前の夕方5時頃から現地入りして活動を開始しようと思ったが、髪形やら服選びやら渋滞にハマるやらで、結局現地に入ったのが7時頃になってしまい、当然夜になっていた。

しかもこの日あたりから急に冷え込み、服装が若干薄着になってしまって寒かった。

駅から少し離れた場所に車を駐車し、とりあえずまず最初に万が一誘えた場合の連れ出し先である飲み屋チェックをしておこうと思った。

あらかじめ食べログなどで調べておいた店数件の場所に行きチェックする。

1件目に向かっていた途中、前方からまたいきなり黒縁メガネを掛けた、ちっちゃめのカワイイ子が歩いてきて2度ほど目が会い、そのまま過ぎ去った。

かなり声を掛けたかったが、店の確認も心の準備もしていないので躊躇してしまい、そうしているうちに彼女はどんどん小さくなっていったがやはり後悔はしたくないので、またはウォーミングアップのつもりでとりあえず道を聞いてみようと思い走って追ったが、彼女は信号のところで急に走り出し、渡って行ってしまった。

その信号は青になるまでがえらい長く、完全に見失ってしまった。


気を取り直してとりあえず店をすべてチェックする。

それからようやく獲物物色に入る。なんだか前回来たときよりも人が少ないような気がした。

今回もやはり道聞きから入ることにする。俺はただ道を聞くんだという心づもりでいくと躊躇なく声を掛けやすい。とにかく声を掛ける勇気と声を掛けたときの女の反応に慣れておく必要がある。


しばらくすると、前回スト8を見かけた歓楽街ストリートで、ひとりでゆっくり歩いている20代前半の女を発見。
顔は中の中、下半身が少し太めで、俺的にはタイプではなかったが、とりあえず練習も兼ねて声を掛けてみようと思った。

また今回は、人前で声を掛けるということにも慣れておこうと思い、わざわざ前方から来たカップルが近づいたタイミングで声を掛けてみようと思った。


「すいません」


女の表情と同時に近くを通りかかったカップルの方をちらっと見た。まったく眼中にない感じだった。

それはよかったが、肝心の女の方は驚きつつも不快な表情を浮かべていた。
すかさず俺は

「ちょっとお尋ねしたいんですけど、T店はどこですか?」

と言う。
女は渋々といった感じで説明してくれたが、終始怪訝な表情のままで、去り際に「なんだこいつ」みたいな流し目をお見舞いされた。

体力をごっそりもっていかれるのがわかった。ドラクエでいうと、レベルがひとつ上がったくらいで調子に乗ってちょっと離れた隣り街に出かけ、途中でちょっと見慣れない敵に遭遇し、試しに戦ってみたら思いのほか強くて一撃喰らっただけでステータス画面がオレンジ色になってしまった、みたいな感じだ。

オイラの体力は一気に半分以下になった。


その後街ですれ違うすべての人が俺のことを「なんだこいつ」という目で見ているという感覚に陥った。


これはまずい、とにかく気を立て直す必要があると思いとりあえず栄養ドリンクでも飲もうとコンビニに入った。

店内にあるミラーは、寒さのせいもあってかもともと色白の顔がさらに白く青白くなり、妙に老け込んだ姿を映し出していた。


コンビニを出て栄養ドリンクを飲みしばらく歩く。ちょっと今の状態で笑顔で声掛けという状態にない。でもとりあえず街を徘徊していたが、なにげに結構な距離を歩いていたので腹が減り、駅構内の立ち食いそば屋で天ぷらそばを食べた。


メシを食って体も温まると少し気を取り戻した。まだ8時台だったので改札からはドクドクと人が流れ出てくる。

ここで物色して気に入った女がいたらこっそり後をつけて駅構外に出たら声掛けしようと思ったが、改札から絶え間なく大量に流れ出てくる同じような顔を見続けていると人酔いしてくるので、駅構外に出た。


そしてまたしばらく歩き続けた。今日は平日だし時間もそんなに遅くはないのだが、やはり人が少ない。

地方都市の場合、駅周辺にあるデパートや大型店の閉店時間と同時に一気に人が減ったりするから、やはりもう少し早く来るべきだったか。


そんなことを考えながらうろうろしていると、なかなかいい感じの20歳前半の女がT店から出てきた。

追おうと思ったが結構足早でそそくさと去っていってしまったのでまあいいやと諦めたのだが、その女が横断歩道を渡り反対側の歩道を折り返し、某ファストフード店に入った。

おそらく持ち帰りで買うのだろうと思い、オイラは陸橋を使って反対側の歩道に行って店に向かった。

店の前に着いたところでちょうど彼女が出てきた。
躊躇する間もなく声掛けというかたちになった。


「あ、すみません」


彼女が店から出て来て向こう側に体を向けたらすぐ後方から声を掛けた。
すると、一瞬振り替えるやいなや、まさに「キッ!」とした殺気だった目で俺のことを睨みつけ、眉はみごとなまでに逆ハの字になっており、その眼からはどこか憎しみすら感じられた。

こんな眼は日常生活ではなかなかお目にかかれないほどの眼だった。どんなに仕事で失敗しても、または学校や家庭でどんな悪事がバレたところでこんな眼つきで睨まれたことは記憶にない。

そしてこのとき俺の脳裏には、去年のmixiのオフ会のときの29歳のOLの女の表情が一瞬浮かんだ。


もはや体力など残っていなかった。おもいっきりとどめを刺された。俺のガラスの心臓はもろくも粉砕した。

(つづく)


スポンサーサイト

【2011/11/27 12:00】 | ナンパ
トラックバック(0) |


ハーバードナンパスクール佐藤エイチQ.P.佐藤エイチ
お疲れさまです。次に向けて頑張りましょう。

管理人のみ閲覧できます
-


コメントを閉じる▲
この前の連休のときの話の続きだが、あの時ただ出会い系サイトに釣り糸を垂らしていただけではなく、その間少しずつナンパの準備を進めていた。

まず髪を少しだけ茶色に染めた。本当に少しだ。こげ茶色って感じだ。髪を染めたのはかれこれ2,3年振りくらいだろうか。

オイラの好みとしては黒髪が好きだし、染めるのは地肌にもよくないのであまり染めたくはないのだが、しかしいかんせんオイラの顔は一重で地味で華が無く暗く見えがちなので、自分の中でも意識を明るく変えるために染めた。

するとやはり黒よりも顔全体が明るい印象になった。
で眉毛だけ真っ黒なのも変なので、ネットで眉毛を明るく染めるやつを購入しさっそく使用してみた。

全体として予想以上にオシャレないい感じになった。イメージ的にも明るい感じになった。これだけで少しだけ勢いがついた。

後はコミュ障に近いレベルで会話力が無いので、会話の自己啓発本と、ナンパのマニュアル本、それとやはりナンパ→ゲットにはカラオケルームは不可欠だと思い、ボイトレ本みたいなものやら少しでも若く見せようと各種サプリなどをネットで購入したりしていた。

それと、ナンパ師のブログ、とりわけ同じような境遇、アラサーくらいまでまったくナンパとは無縁、女とも無縁な人が一念発起してナンパに勤しむといった感じのブログを読み漁っていた。



話は前回の出会い系の20歳の女と一戦を交えた日に戻る。

あの日、あの女と別れた後、とりあえずメシでも食おうと思い、メシ屋を探すついでに、とりあえずナンパ活動の準備運動、下準備として、街を闊歩しながら女をジッと見て歩くというようなことをしようと思った。
さらに、声かけの練習として、好みの女がいたらとりあえず道を聞いて見ようと思った。


しかしそのチャンスはいきなり訪れた。
ミニラと別れてから5分も経たないうちに、ナンパの神はオイラを試してきた。

まったくもってオイラ好みの、癒し系とカワイイを掛け合わせたような女、芸能人でいうとたとえづらいが、東京大学物語などの作者、江川達也氏が描くカワイイ子みたいな女がすれ違った。

まだまったくもって声を掛けるようなモードではなかったし、女よりもむしろメシ屋を探してるような状態だったのに、すれ違って10メートルくらい歩いた後、なぜか踵をひるがえして彼女を追っていた。


とは言っても内心、これも去年の船橋や渋谷や新宿のときのように、こうやって尾行しているうちに彼女はどこか建物に入ってしまったり、携帯で電話を始めたり、急に彼女の周りに人が湧いてきたりして、心のどこかでどうせこれも声掛けじまいで終わるのだろうと気軽に構えていた。


しかしナンパの神はこれ以上にない舞台を用意してきた。

彼女は大通り裏の人気の無い路地に入った。適度の静けさ、適度の闇、そして繁華街でありながら二人だけの空間になった。

それはもう、大通りですれ違ってからほんの数秒の出来事だ。


さあやれるもんならやってみろ、と言わんばかりのシチュエーションだった。

もういくしかなかった。


俺は彼女のちょい離れた後方から、はっきりした声で「すいません!」と声を発した。

しかし彼女はすぐ振り返ることはなく、「あれ、さっそく無視かな?」と思いもう一度言おうとしたところで彼女はゆっくりと振り返った。


「ちょっとお尋ねしたいんですけど、T店(さっきミニラと待ち合わせした店)はどこにあるんですか?」

と尋ねた。

するとその彼女は笑顔で説明しだした。


素の顔でメチャクチャカワイイのに、その笑顔がまた死ぬほどカワイく、もし彼女がグラビアの仕事をしていると言えば、普通に納得できるレベルだろう。

歳の頃は、その落ち着き具合、化粧ののり具合などから20代中盤といったところか。
ストレベルはとりあえず8ってことにしておこう。


そのあまりの輝きに、彼女の案内などまるで耳に入っていなかった。で、その説明が終わると呆気にとられた俺は
「え?」とか間の抜けた返答をしてしまった。

すると彼女はご丁寧にも身振り手振りを交えてもう一度説明してくれた。
そしてその説明が終わった後、俺の反応を見ていてくれたが、何を思ったのか俺は何の準備も考えもないくせにその場で


「これから呑みにいきませんか?」

とか左手の親指を後方に突き出して言っていた。

彼女は「忙しいので」と言ったので俺は頭が真っ白のまま「すいません」と言ってそそくさとその場から退散した。


しかし終始笑顔で対応、しかも飛び切りのカワイ子ちゃんにそういう対応をされたものだから、断わられたのにも関わらず俺はなにかハッピーな気分になり、ニヤついていた。それに、考えてみればまともに路上で誘ったのはこれが最初であり、ついに言ってやった、断わられてやったみたいなおかしな満足感があった。

また、他のナンパ系ブログにも書いてあったように、頭ひとつ出てカワイイ子や美人さんは、意外にもナンパの応対は良いというのを思い出した。


その後ウキウキした気分で街を歩いていると、ラーメン屋の窓越しの向こうにいるバイトのお姉さんが笑顔でオイラにお辞儀をしてきた。

営業のお辞儀とはいえ、今までにないことだった。よほど俺が清々しい顔をしていたのかもしれない。
つられてオイラも笑顔でお辞儀をした。



よし、もう一人くらいまた道を聞いて声掛けというものに慣れておこうと思った。

すると前方から携帯をいじりながら歳はこれまた20代中盤くらいの女が歩いてきた。
下を向いていたので顔はよく見えなかったが、とりあえずまたT店の場所を聞いてみた。

すると顔を上げたこの娘はどこか清楚ながらもニコニコして愛想よく対応してくれた。
道を教えてくれた上に、最後深々とお辞儀をしてくれた。


なんだかすごく気分がよくなっていた。今日はこれでいいと思い、そのまま車で帰宅した。



その後家に帰って今日の出来事を反芻していたが、最初の彼女は薄暗い場所で見知らぬ男が声を掛けてきたのにもかかわらず、驚いた顔をひとつ見せず、余裕たっぷりの応対をしたところを見ると、これだけカワイイのだからこうして声を掛けられることなど日常茶飯事なのだろう。意外とカワイイ子や美人がナンパの応対が良いのは、それだけ慣れているからだろう。

そしてその中には、今回のオイラみたいに道聞きからのナンパもあっただろう。
オイラがすいませんと声を掛けた瞬間から、ああいつものナンパね、と勘づいていたに違いなかった。


ゆっくりと余裕の表情で振り向いたその瞬間から、完全に彼女の土俵の上だった。


本来ならナンパ師が女の顔や目をよく観察し積極的に見つめなければならないのに、彼女のその余裕をもった笑顔の中にあるむしろ攻撃的な眼力に、オイラは吸い込まれ、たじろぎ、もはや為す術は無かった。


彼女は道の説明をしながらも、区切り区切りで俺が言葉を発する間を空けてくれていた。それは「さあここからどうやって私を誘ってくれるの?」と言っているようだった。

いや本当に俺に誘われたいわけではなく、「この男はどういう誘い方をしてくれるのかしら?」とそのナンパのやり方を第三者視点で見ているような感じだった。

この「間」は、頭が真っ白になりながらもひしひしと伝わった。

結局、オイラが積極的に誘い文句を放ったというより、その彼女の「間」によって言わされたんだと思った。

しかし考えてみれば、これほど陳腐でつまらない誘い文句もなかった。道聞きから「呑みにいきませんか?」までなんの接続詞もなく、気の利いたトークも挟まない誘い文句に、たとえ俺がどんなにイケメンだったとしてもこんなんじゃ一緒に付いてくる女などいない。


そして「今忙しいので」と断わりながら残した口元だけの微笑は、「そんな誘い方じゃ全然ダメよ」と教えてくれているようでもあった。






【2011/11/23 08:34】 | ナンパ
トラックバック(0) |
ようやく発情期が来た感じだ。

去年9月のmixiオフ以来、性欲は別にしてずっとテンションが上がらず、夏が過ぎてもその状態だったので、もう歳のせいで以前のように女欲に駆られることも無くなったのかな、と思っていたが、ここにきて女欲、女体欲がふつふつと沸き上がってきた。

原因は先日の合コンの影響が大きい。
あの若い娘の匂い、フェロモンパフュームにやられた。

そして久しぶりにナンパ欲も上がってきた。


で、先日連休があったのだが、とりあえずこのパンパンになった玉袋を処理せねばと思い、まずは手っ取り早く出会い系で女を物色し、暴れる玉袋を落ちつかせてから今後のナンパ活動についてゆっくり考えていこうと思った。

出会い系を利用するのは1年振りだ。連休とはいえそんなにはゆっくりしていられないので、4つの出会い系サイトを平行して利用することにした。


しかし4つも平行して釣り糸を垂らしてるのにもかかわらずいっこうに獲物は掛からなかった。

状況は明らかに去年とは違っていた。去年も業者(出会い系サイトを利用したデリヘル業者)は多かったが、今はもう業者による書き込み、返信しかこない。

いきなり大人の関係募集みたいなのではなく、ピュア系の掲示板にも釣り糸を垂らしてはいたが、こちらもどうやらメールの打ち子のバイトみたいなのが返信してるようなのが多く感じた。


そんなモンモンとした釣りのために、気づいたら丸2日も費やしてしまった。
頭の中はヤることしか考えてないから、玉袋はもう破裂寸前だ。

そんなとき、自称20代中盤の、業者っぽくないギャル女から返信が来た。
写メを見ると写りが少し微妙だがまあ喰えないレベルではなかったので面接してみることにした。


彼女は待ち合わせ場所に某駅の某ファストフード店の前を指定してきた。

俺は出会い系の面接の場合、ここでこちらが先に店の前にいて、向こうから来る形で会ってしまうと、もし地雷の場合断わりにくくなってしまうので、まず女を先に待たせ、女の死角からまずこちらから一方的に審査させていただき、もし地雷だった場合は会わずにバックレるようにしている。

なんか俺が酷い男みたいな感じになっているが、しかしこういう場合は事前に見せてもらっている写メと別人がそこにいるわけで、写メ通りの女がそこに立っていればなにもバックレることはないのだから、その写メを送ってきた女も悪いのである。

こちらもタダではないのだ。


で、待ち合わせ場所に行ってみると、それらしき女が立っていた。

しかしここは見通しがよく、死角からこっそりは無理そうだったので、ファストフード店の横の入り口から店内に入り、店内からガラス越しにその女を査定した。

その女は俺を捜している様子でキョロキョロしていた。でも店内の方を向くことがなかったので真正面からの顔を確認することはできなかったが、横顔の感じからして化粧が濃く、眉のあたりの骨格が出たモンゴロイド系の顔形だったので、なんか出て行く気になれず、そのまま放流となった。


その日はそれで終わった。

次の日、懲りずに4サイトで釣り糸を垂らしていると、夕方に20歳の女子大生が引っ掛かった。
写メを見せてもらうとまあまあカワイかったので某駅で面接となった。

女はその某駅のT店を待ち合わせ場所に指定してきたのだが、ここも死角がなかった。

とりあえず前回同様に店内から査定してやろうかと店内に入るが、ガラスに貼り物がいっぱいしてあってよく外が見えず、外でいい死角はないかと外に出たら入り口のところにミニラが立っており、お互い目が合ってしまい、つい「あれ?メールの人?」とか言ってしまい、なんとなく合意という形になってしまった。


地雷だった。写メはかなり違う、いやまるで別人というよりも、かなり補正がされている感じだった。
元の顔がわからないようなギャル系のメイクで写真を撮り、その後さらにきれいに補正がされている感じだった。

プロフには体型普通と書いてあったのに、ポチャだった。激ポチャというほどではないが、明らかに太っていた。
顔もブサイクだった。頬には松井秀喜のような、ブラマヨのハゲじゃない方のような穴ボコがたくさんあった。


ミニラはもう慣れている感じだった。慣れてない風を装っていたが、それがまた白々しかった。ホテルの場所も聞いてもないのに向こうから行って来て、そそくさとそちらの方に誘導していった。

明らかに業者だった。おそらく確認メールなのだろう、会って間もなくメール、ホテルに着いてメール、要求するものは事前にきっちり要求し、コトが終わったら速攻シャワーを浴び、服を着てもう帰る用意。

今回の1戦は俺のプチトラウマリストに載った。いや業者でも容姿が中以上なら問題ないのだが、その容姿がキツかった。


ただの罰ゲームだった。

もう出会い系はやるまいと思った。出会い系は終わった。

いよいよもって己の実力で獲物を捕獲するほかないということをあらためて実感させられた。






【2011/11/14 00:45】 | ナンパ
トラックバック(0) |


シリウス
はじめまして。
次回からは、双眼鏡で遠くから観察するのもありかと思います。

コメントを閉じる▲
前ブログからだいぶ日が経ってしまったが、予定通り合コンしてきた。

場所は都内某所。待ち合わせの某駅前に行ってみるとすでにA君と女子3人が待っていた。

で、まず目に入ったのが、30代半ばのA子で、パチンコ屋とかにいそうなちょっとケバ系のミドルエイジといった感じだが、ブスでもなく、この歳にしては小奇麗にまとまっている印象。

B子はまあ中もしくは中の下で、23歳といっていたがそれよりも若く見える。でも下半身がちょっと太そうな感じ。

C子はまあ中、よく言えば中の上で、この子も23歳、まあ歳相応かな。



・・・で6人でぞろぞろと予約してある店に入る。

まだ時間が早いからか、客がほとんどいない。大人数用の個室スペースには、我々以外誰もいなかった。

注文するものを注文してからこちらからありきたりな質問をし、ありきたりな返答、もしくは質問のオウム返しをされてありきたりな返答をして、という感じでとても盛り上がっているという感じではなかった。

まあ歳が離れているのもあるが向こうは遠慮がち、終始敬語口調だし、A子の存在もあるからかあまり邪険な態度も取れないみたいな感じでなんか一般企業の会社の飲み会みたいな空気だった。

男性陣の盛り上げ能力の低さもあったのだと思う。


で途中でB君が「みんな彼氏いるの?」とか余計なこと聞きやがって、そしたらC子が今月彼氏が出来てこの前どこどこ行ってきたなんて話になってなんか余計変な空気になった。

んな合コンの場でのっけから、しかも今月彼氏できたとか言われたらこっちとしても私は口説けませんよ、という意思表示だととらえてしまうし、もうその子とは生暖かいトークしかできなくなるじゃんか。

A子は紹介者として来てるわけで口説きの対象ではなく(口説く気もないが)、C子もノーだとすると、実質口説き対象はハナっからB子のみということになっていたということだ。

B子は決してブスではないのだが、なんつーか男性陣誰もが手を出すという感じではなく、オイラの眠れる獅子が目覚めることもなかった。


こんな感じで終始会社の飲み会的な感じで終わった。

最後にB子、おそらくC子もメアド交換しようとすれば社交辞令として容易くできただろうが、俺はなにかする気が起きなかった。C君はB子とだけしていた。


久々の合コン、久々の素人の若い娘との接触はまあこんな感じで終了した。

特に成果らしい成果はなかったが、しかし若い娘というのはやはりいい匂いがするもんだなあとあらためて感じ、俺の頭の中でなにかが反応し変化するのを感じた。




【2011/11/07 18:05】 | ナンパ
トラックバック(0) |


あさ
あなた孤独じゃないじゃん

コメントを閉じる▲