まったくモテない41歳独身底辺男が流されるがままに適当に生きながらもがき足掻く日記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




秋の肴といえばサンマだが、店頭に並ぶのはほぼ北海道産ばかり。
例年なら北陸産あたりのが並んでたような気がするが、これも大震災の影響か。

北海道産のサンマ、確かに美味いことは美味いが、でもなんだろ、あの秋サンマ特有の、その溢れんばかりの脂で焼いているときに炎の柱が上がっちゃうような脂がのってる勢いがいまいちないような気がする。
これは産地というより今年がそういう年なのかもしれんが。


先日、酒の肴に焼き魚や刺身ばかりもちょっと飽きてきたので、久しぶりに豚の生姜焼きでも作ろうかと思ったが、醤油、酒、みりんの割合がそれぞれ1:1:1だったか、2:1:1だったか忘れてしまったので、ネットでレシピを検索したところ、タモリ流生姜焼きというのがヒットした。

タモリ流生姜焼きの特徴はこんな感じだ↓

・豚ロースは薄切り、少量の小麦粉をまぶす
・事前に豚肉にタレを漬け込まない
・豚を焼くときにはいっさい油をひかない
・たまねぎ(スライス)は肉の色がピンクから変わったところで入れる
・肉に焼き色が付いたところでタレを入れる


タモリ流の特徴は、豚の生姜焼きといえば事前に肉をタレに漬け込んでおくのが一般的だが、それをやらずに焼いている途中でタレを投入するところと、豚肉にあらかじめ小麦粉をまぶすところだ。


タモリは以前タモリ倶楽部でこの生姜焼きを披露したらしいが、ネット上でこれがかなり旨いということでプチ話題になっていたらしく、オイラもせっかくだからとちょっと作ってみた↓



SH350156.jpg

画像は残飯みたいでマズそうだが、実際のお味はネットの評判通り、事前にタレに漬け込んでいない分肉本来の味を味わうことができ、また小麦粉をまぶすことにより肉の柔らかさも保持されており、見た目も照りがありなんとなく上品か感じがして(画像は下品だが)なかなか旨かった。

ただオイラの場合、豚肉を豚ロースの薄切りではなく、生姜焼き用でも黒豚の大きめの4枚くらいで500円くらいで売ってる肉を使用し、たまねぎも目安として半分のところを、小玉だからといって1個すべて使ってしまったためか、ちょっと甘めの味になってしまった。

砂糖は入れてないが、タレの割合を醤油、酒、みりんをそれぞれ2:1:1にしたのだが、これでもちょっと辛みに欠ける感じがしたので次回は醤油をちょっと多めにしてみようと思う。


でも、たっぷりタレに漬け込んだ生姜焼きも好きなんだけどね。醤油辛い味が肉の芯まで染み込んでて、そのコゲが肉のところどころにある感じ。ジャンキー肉な感じ。
生姜に加えてニンニクのみじん切りをタレに加えるのもまた旨く酒に合うんだよな。





スポンサーサイト

【2011/09/19 15:46】 | 日常
トラックバック(0) |


ハーバードナンパスクール佐藤エイチ
小麦粉使うんですね!
私、一人暮らしなんで今度試してみます!^^

コメントを閉じる▲
ここ数日の夏将軍の追い込みにはほとほと参っている。
先日の台風で夏も終わったと思いきやどっこい、都内近郊ではもう10日くらい連続して30度を越す真夏日が続いている。

今年の都内の最初の真夏日は、調べてみると6月22日だったらしいから、もう丸々3ヶ月間も真夏ゾーンってことだ。

4つも季節があるくせに夏だけ長過ぎだ。もっと他の季節に気遣って自重していただきたいものだ。
30度以上の真夏日ゾーンなど梅雨明け~盆までの1ヶ月もあれば十分。
なんか上着を羽織る感覚とか忘れた。

運動してなくても、汗を掻くという生理現象自体がもうかなり疲れる。
オイラなんかもうバリバリの肉体労働者だから、日本中で熱中症でバタバタ死者が出てるような日でも、仕事中は常に長袖長ズボンが義務付けられ、炎天下の中業務用の分厚いヘルメットを被せられて作業しなければならない。

荷積み、運転、荷卸しとすべて一人でやるのだが、荷積みと荷卸しはそれぞれ約1時間前後掛かる。それを日に3,4回こなす。

積み場である油槽所というのは、石油はタンカー(大型船)による輸送関係上、だいたい湾岸沿いにあり、沿岸というと風通しが良くてさわやかなイメージがあるが、実際は潮風というのは多量に湿気を含んでおり、塩分だかミネラルだか知らんがベタベタした重っ苦しい空気が運ばれてくるため、吹き出た汗が一向に蒸発せず、はっきり言って危険な状態になる。

オイラも先月の一番暑い時期に仕事中に急に気分が悪くなり、38度くらい熱が出て病院にいくハメになった。


スタンドに着いたら着いたで今度は荷卸しをするのだが、スタンドもアスファルトによる照り返しはもちろんだが、ローリーの馬鹿でかいタイヤが走ってきたときの摩擦により触ったらヤケドするくらいの熱を放っており、太陽 + アスファルト + ローリーのタイヤの熱による3点攻撃に加え、ヘルメット + 長袖長ズボン + 耐油グローブというサウナルックでとてつもない暑さになり、荷卸しが終わるころにはタオル1本が洗濯機の全工程が終わって取り出した状態くらいの湿りっ気になる。


そんなことを3ヶ月も続けてきたからいい加減もう疲れたし、夏ももう飽きた。暑いの飽きた。

社会人にとって夏なんていいことなんてひとつも無い。若者ですら普通に生活してるだけで命を落とすほどの暑さって、日本の夏ってどれだけだよ。
もう最近の日本の夏は日によっちゃあエジプトのカイロより暑いんだぜ、どれだけだよ。


んでオイラが一番好きな秋がほとんど無いまま年が明けてまたひとつ歳を食うんだ。相変わらず放射能もバンバン飛びまくってるみたいだし、もうほんと、日本はほとほと住みづらい国になった。




【2011/09/18 19:46】 | 日常
トラックバック(0) |
そういえば某SNSサイトの同級生との飲み会の件だが、結論から言うと結局会わなかった。

前回、前々回のブログを読んでもらえればわかるが、ここで簡単におさらいをさせてもらうと、

某SNSサイトを通じて中学時代の同級生の女からメールが届く→適当に思い出話が膨らみ、向こうから今度飲みたいね、こっち来ることあったら教えてと言う→それならばとそっちの都合のいい日を教えてくれれば俺も休み合わせるよ、と言う→女はいつでもいいと言う→いや、俺は申請すれば休み取れるからそっちの都合のいい日でいいよ、と言う→土日ならいつでもいいよ、と女→(あらかじめ会社に休みを提出後)じゃあ〇月〇日はどうかな、と俺メール打つ→女無返信


こんな感じで前回は終わったのだ。

で、俺が「〇月〇日はどうかな?」とメールを打って1ヶ月も無返信だったので、これはさすがにバックレだろうと俺の方でもそのまま放っておいて、その日はもう朝からスロット打つ予定にしていた。ひどい話で案の定、前日までなんのメールも無かった。

しかし、なんと俺が指定した日の、前日の夜11時頃に、その女からのメールが届いた。内容はこうだ。


『ゴメン、ずっと返事したものかと思ってたら未送信にあった。明日だよね?
実は家族が三週間前から入院してて、退院出来るものと思って飲みを楽しみにしてたんだけど、まだ退院出来なくて。
飲み先でもいい?
せっかくの休みなのにごめんね。
次はちゃんと送信確認するね。』


だって。はぁ?どういうことなのよこれは?
どれだけないがしろにされてんだ、俺は?

アカの他人同士がナンパやら出会い系みたいな形で昨日今日知り合った仲でもなければ、俺が一方的に誘ってるとかそういうメールでもないのに。

おかしいだろ、こんな返信の仕方は。いろいろ矛盾もあるしな。

まずさ、90年代の携帯ならまだわかるよ、送ったはずなのに相手に届いてないとか。それを21世紀も10年が経った現在でそんなのほぼ有りえないだろ。もし電源が入ってないとかで直接送れない場合は蓄積センターとやらに勝手に送信され蓄積され、相手の電源が入った際にはその時点で自動的に相手にメールが届く。またその旨が画面にもちゃんと出るし。

それに今まで何回もメールやり取りしてきて普通にやり取りできていたのにあまりにもタイムリー過ぎる。それに約束の返事のメールなんて大事なことだから、相手に送信されたかどうかなんて普段以上に注意するだろ。送信ボタン押しても相手に送信されました、ってメッセージが出るまではちゃんと見届けるだろ。


それから、もし仮にこの女の言っている通りだとすれば、俺のメールに対し「その日で大丈夫だよ」という返事をしたことになるよな。俺がメールしたときには家族とやらは入院していなかったわけだし、飲みを楽しみにしていたとあるからな。

そうするとさ、そのOKメールを出してから何日も数週間も俺からなんの返事もこなかったらおかしいと思わんのかね?もしかしたら返信されてねんじゃね?とかてめえの携帯チェックするよな?

でさ、そのまま前日の夜11時まで引っ張るってありえないだろ。
あと家族の入院てやつ。これも言い訳以外のなにものでもないだろ。つかこの言い訳必要だったか?謎過ぎる。

だってメールの未送信だったって理由1つで十分だろ。なぜそれに被せてこの家族の入院という言い訳をくっつけてきたのか理解に苦しむ。

それが嘘か本当かは置いておいて、その家族の入院という理由はかえってこの女は俺の件をないがしろにしているってことに拍車を掛けているよ。

もしそれが本当なら、家族が入院していて退院できないかもしれないから〇日は行けないかも的なメールを数日前にしてくれてもいいだろ。

逆に言うとこの入院の件が本当ならば、もしこの女がOKメールを俺にしていて、それがきちんと俺に届いてたとすれば、前日の夜11時にドタキャンされたことになる。
どっちにしろ、どの言い訳が本当だったにしろ、ひどい話であって、人を馬鹿にするにもほどがある。というか同級生にこんな女がいることにガッカリだ。


でもまあ正直な話、おそらくこの女は某SNSサイトの内容やメールの内容から独身らしいから、彼氏かなんかが出来たか、そうなりそうな相手がいるとか、あるいは合コンの予定などがあって、それらの話がいつくるかわからないからあやふやにしていたのだろう、で、俺が指定した日はちょうどなんらかの予定が入ったんだろう、まあそんなところだろうな。

女はそのへん、したたかに平気で嘘付けるからな、自分以外の予定なんか糞くらいにしか思っていないのだろう。


とまあオッサンがグチグチネチネチ言ってしまったが、俺もこの飲み会を別段楽しみにしていたわけではないので、別にどうってことないのだが、でもなんかこう、女にガッカリした。

ちなみに俺が返信したわけでもないのにその女からもう1通メールが来た。無事家族が退院しましただって。知らんがな。

俺の方は、「〇月〇日はどうかな?」のメール以来一度もこの女にメールしてないし今後もする気はない。



【2011/09/02 17:31】 | 日常
トラックバック(0) |


ハーバードナンパスクール佐藤エイチ
女はそのへん、したたかに平気で嘘付けるからな、自分以外の予定なんか糞くらいにしか思っていないのだろう。

↑激しく共感します(笑)


-
いや。もったいない。プライドは捨てて、もっかいメールしてみようぜ


-
その説教をそのまま女にぶつければいーじゃん。
どうせもう食う気ない相手なんだろ?
嫌われようが知ったこっちゃないじゃん

コメントを閉じる▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。