まったくモテない41歳独身底辺男が流されるがままに適当に生きながらもがき足掻く日記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




昨日は年数回あるいつもの野暮用のため、午前中に渋谷に向かった。

なぜか知らんが渋谷に行くときは雨の日が多い。昨日も午前中は台風の余韻で雨風共に強かった。

前回4月初旬に渋谷に行ったときは震災、停電の影響で快速電車が走っていなく、yahooの路線案内通りではなかったため、今回も警戒して早めに自宅を出たが、駅に着いてみるとダイヤはyahoo通りだった。


午前中ということもあって車内ではなんとか座れたのだが、座席乗車率ほぼ100%であり、しかしこう、普段電車を使わない身でしかも他人と長時間密着した状態があまりない俺としてはこれが結構なストレスに感じる。


密着した両隣りの他人の息遣いも気になるし、前を向けばくたびれた中高年の面々がズラリ。
こういう時間帯は若者などほとんどおらず、高齢化も相まってか知らんが車内はとにかく中高齢者だらけ。

で、中高齢者ってのは恥じらいとか無いからか知らんが、目が合ったらジッとこちらを見つめてくる傾向にある。
こういうのが面倒くさいので電車内ではとにかく寝るか携帯を眺めるしかない。


それから渋谷で野暮用を済ませ、兆楽で食事をしタワレコでテクノを物色した後、今日は早めに用が終わったので帰宅ラッシュに突入する前に帰ろうとそそくさと地下鉄に乗り込むが、まあ都心のど真ん中だけあって時間帯に関係なく客がビッシリ。

営業帰りなのかもう帰宅なのか知らんが大半はくたびれた灰色のリーマンとその合間にしなびた古蝶蘭がわずかに咲き、その合間に場違いのいかにも日雇い労働者っぽい臭気を漂わせたジジイと、これまた場違いの普段着にタワレコの黄色いビニール袋だけを持った俺がいる。



これが夕方6時も過ぎれば、車内もこんなもんじゃなく朝の通勤列車並にぎゅうぎゅう鮨詰め状態になる。オイラも20代の頃実家から1時間以上もかけて都内まで通勤していたからその地獄絵図は身に沁みている。

映画やドキュメンタリーなどでドイツのアウシュヴィッツなど強制収容所行きの列車にユダヤ人を次々に収容するシーンなどがあるが、臭いなどを除いて窮屈性だけでいえばあんなのより全然酷い。


 http://www.youtube.com/watch?v=Yx784J-r1qo
ナチスの親衛隊も真っ青の人間圧縮作業をいつも通り平然とこなす某作業員達。
こんなことが現代の超経済大国日本で平然と行われているのだからスゴイ。


 http://www.youtube.com/watch?v=YdtyKZXgDm4
苦役列車内の人々が吐き出す大量の二酸化炭素で意識も朦朧とし、やっと駅に到着新鮮な空気が吸えると窓の外に目をやれば、そこはうつろな目をした大量の収容者が異様な法則性を持って列をなし蠢く地獄絵図だった。

この後ホラー映画のごとく窓の外の収容者が次々に列車内に雪崩れ込み、その後はお馴染みの上記リンク人間圧縮作業へ。


 http://www.youtube.com/watch?v=3XqDeCLSuA8
で、ひとたび車両故障、ポイント故障、人身事故などが起きれば超地獄通勤ラッシュモードに突入。

しかもこれがプレミアム演出とかじゃなく、経験上自分が通うルート内だけでも月3くらいの割合で頻発するからスゴイ。

で、この映像を見てあらためて気付き思い出されるのは、先日の大震災直後の映像が海外に流されたときに、この混乱の中で被災者はパニックを起こすこともなく、食料を受け取るのにも整然と列をなして並んでいて日本人はすばらしいなどと言ったお褒めの言葉を各国からいただいたが、非常時において大行列をなして並ぶという行為はこの通勤ラッシュ王国日本で日頃から慣らされてきてるからなんじゃないかと思った。

この映像を見てもこんなに人がいるのに誰ひとりとして騒ぐものもなく、慌てるものもなく、警備員がひとりもいないのにみな秩序立ってなにごともなく静かに整列行進してる姿はある種異様とも言える。

まあそれだけ通勤ラッシュ時における不測の事態というのは日常茶飯事だということなんだろうけど。


この3つの映像のような環境を毎日朝夕とループさせて何年も何十年もやっていたらある朝ふとホームに飛び込みたくなる気持ちもわからなくもない?



しかしまあ、よく毎日圧死者が出ないなあと感心する。
いや、気を張って意識をきちんと持って自分の最低限のポジショニングを確保していないと圧死しても不思議じゃないレベル。


そのようなことを、ここに乗っている灰色リーマンたちは毎日朝夕体験してきているのだから、その体への負担はかなりのものだろう。
精神的ストレスも並じゃない。



悪いが俺にはできない。今貰っている年収の倍をあげるから毎日片道1時間掛けて電車通勤して都内まで出勤してくれと言われてもまず断るだろう。

それくらい電車通勤というのはストレスが掛かる。年齢が増すとその疲れとストレスも増す。

これも慣れればなんともなくなるのだろうか?俺は数年都内へ電車通勤しても慣れることはなくただ疲れだけが溜まっていっただけだった。



しかしみんなすごい、偉い。毎日1時間近く掛けて苦役列車にて出社し仕事し苦役列車で帰宅し、家庭の顔色をうかがい、たまの休日は家族サービス。

自分が好きに使える金などわずかで限られていて、その中から昼飯代を捻出とか。
大学を出ていっぱしの大人になるということはこういうことなのか。

俺には到底無理だ。無理だった。


今の世の中就職超氷河期大失業者時代。運よく就職できたらそれだけで儲けものとばかりに、その先みな我先にと鮨詰めの苦役列車に乗り込みどこかへ行ってしまう。苦役を乗り越えたその先にはなにがあるのか?

果たして終着駅はあるのか?そこには何人が辿り着けるのか?


俺はただでさえ乗り遅れ、既に鮨詰め状態の苦役列車に某作業員に人間圧縮されるがごとく途中乗車し、中で揉むに揉まれてゲロまみれになって途中下車させられた、というより弾き飛ばされた。


俺には最小限の人間関係で済むトラック運転手がお似合いだ。

これからも今まで通り気楽に適当に生き、欲望の赴くままに酒と女、娯楽、音楽、スロットを貪っていきたい。


ちなみに4月5月パチンコ・スロット収支
-109k





スポンサーサイト

【2011/05/31 10:44】 | 日常
トラックバック(0) |

はじめまして。
マイ
こんにちは、ライタンさん。
ブログはずーっと放置状態だったのですが、昨日いきなり再開して
今、皆様のブログを読ませて頂いている所です。

混雑した電車での不快感、良く分かります。
私は不快を通り越して、気分が悪くなって貧血起してしまうんです・・
前に仕事で朝の田園都市線で通勤していたのですが、
3回に1度はそんな感じで途中下車で・・
結局その仕事は長く続かなかったです。

確かに家族を持ってる方達は、朝夕のラッシュに揉まれて
頑張って働いて、お金も好きなように使えず・・
なんか切ない感じもしますネ。。

またお邪魔させて頂きますネ v-354

(ちなみにうちの父親も、昔はトラック運転手してました!)

コメントを閉じる▲
ああ次の休みが待ち遠しい。

早くスロットが打ちたいからだ。

最近は休みといえば昼間っから酒を煽ったりして家でネットをしながらグダグダしてるのが一番の楽しみであったが、最近またスロット界隈が騒がしくなり始め、俺のスロット熱もヒートアップしている。

といっても闇雲に打ちたいのではなく、そこはやはり勝ちに拘りたい。収益を上げたい。そこにまた、スロットのゲーム性とは別の愉しみがある。


それに最近忘れていた勝負師の感、生きるための野生の嗅覚のようなものがみなぎってきた。
このような感覚と雰囲気は、ギャンブルに関係なく男には必要だと思うのだ。



ところで俺は某SNSサイトに登録しており、もちろん偽名にして俺本人と特定できるような要素は極力排除した形にしてあり、こいつと俺本人は同一人物だと知る人は誰もいない状態にしてあるのだが、この某SNSサイトには学校別のコミュニティというのがあり、俺が卒業した小学と中学と高校のコミュニティに加入している。


ただしこの同窓会系コミュニティは、加入していても表面的にはそれはバレないようになっている。でも加入しているもの同士では誰が加入しているのかということがわかるようになっている。


で、この同窓会系コミュがなかなか面白く、それぞれ本名を使ってる人なんてまずいないわけだが、でもたいがいは本名の名前をちょっと変えた感じとか、どこか自分とわかるようなのを匂わす偽名にしている人が多いw

だからその名前と、プロフィールなんか見れば8割方はああアイツか、とわかってしまう。
で今アイツはこんな感じなのかぁとか懐かしさも交えて拝見させてもらっている。


だが、拝見させてもらうだけでこっちが何者でお久しぶり的なメールをすることもないのだが。
向こうも向こうで足跡機能があるので折り返し俺のサイトに来たりするのだが、たいていは足跡が残るだけ。
まあ俺が俺とわかる情報がまず無いからというのもあるんだろうけど。



しかしまあ、昔の同級生なんかとSNSで堂々とやり取りできちゃってるような奴なんかは、並以上の生活をして、並以上の職種に就いてる奴がほとんどだ。

その大半は、プロフィール覧に卒業大学名、職業、または大手会社名まで堂々と書いている奴なんてのもいる。
どれも書いて恥ずかしくないレベルのものばかりだ。

地方の3流大出てニートパチプーを経て現在大型トラック転がしちゃってます(笑)みたいな奴なんてまずいない。


女はほとんどが結婚している。というよりこの歳で結婚もできてないような女はそもそもSNSサイトなどに登録しないのだろうけど。女で未婚の登録者などほぼ10代20代だし。

で、同級生の女なんかは初出産芸能人でもよくありがちな、我が子にデレデレ育児日記みたいなのも多い。

登録しているコミュニティも、20代の女とはガラっと変わって趣味やら恋愛のコミュなんかよりも育児系のものも多い。
10代20代の女はほとんど恋愛絡みだからなw



そんなわけで前までは同級生の動向を興味深く眺めていたが、しかしもう35歳とかなるとそんなオッサンオバサンの動向などどうでもよくなり、その某SNS自体もしばらく放置状態だったわけだが、先日、その同級生コミュニティを辿ってある同級生の女からメールが来た。


中学高校と一緒だから気になってメールしてみました、という内容だった。いくら俺が俺本人と特定できるような要素は極力排除した形にしてあったとしても、さすがに中学高校が一緒というフィルターを通して、さらに加入コミュニティなどを見れば俺だとほぼ特定してメールしてきているんだろうなあと思って聞いてみたが、年数もかなり経っているしようわからんとのことだった。

ゲートボールの集会所のやり取りかよw


俺はもう彼女が誰かなんてことは数年前に知っていたが。


しかしここまで辿りつかれた上に当然だが俺が誰かと聞いてきたので教えた。

これでついに某SNSサイトで俺本人を知っている人間の存在を許したことになる。
一人許せばあとはもう時間の問題。しかも許した相手が同級生の女で、同じ同級生の友人登録者を多く抱えた人物だw


これはつまりもう、この某SNSサイトにてアホな日記を書いたり不謹慎な文章を綴ったり、変態チックな画像を載せたりということができないことを意味する。

おかしなことを書けば冗談でもなんでもなく、実家のご近所やネットすら1度も触れたことのない親の耳にあらぬ噂が入ってもおかしくないのだ。

本音と建前を使い分けなくてはならなくなった、ということだ。


だがもうこうなってしまった以上、この某SNSは同窓会専用サイトになってしまうだろう。
まあ同窓会コミュニティに登録した時点である程度は覚悟していたことではあるのだが。

まあすでにこの某SNSにて日記を書くということもほとんど無く、こっちを立ち上げてからは書きたいことは全てこちらに書くようにしている。


ただひとつ失敗だったのは、日記の公開を友人の友人まであたりにフィルタリングしてあるとてっきり思っていたのだが、確認してみたら全公開だったw

その後フィルターを掛けてはおいたが、もう遅かったよなw
まあそんな卑猥なことを書いていたわけではないが、こういった日記自体を俺の存在を知っている人に、しかも同級生なんかに読まれるというのは恥ずかし過ぎる。


で、懐かしさも手伝ってその同級生の女とは現在メールのやり取りが続いているが、といってもまだ2,3回やり取りをしただけで近況報告とか他の同級生のことなんかはこれから聞こうと思っている。

特に一人の女としてどうこうなんて気はさらさら無い。メールのやり取りをしながらも今俺の頭に浮かんでる彼女は間違いなく女子高生だった当時の彼女だが、今現在は35歳のオバサンである。女子高生当時もまあ中の中くらいだったと思う。当時も特に興味は無かった。その後20歳くらいからどう変わったは知らないが。


そうだな、せめてあと5歳も若ければちょっと会ってみたいという気になっていたかもしれんが、35歳という歳は色々ともう遅い。


ただそういった邪な気持ちは無しにしても、懐かしい気持ちと青春を辿る意味で彼女とは今後もメールのやり取りをしていきたいと思う。

俺もこんな性格だから、高校卒業以来同級生の女と口を聞いたこともなければロクに見かけたことすらないからな。そういった意味でちょっと楽しみではある。



【2011/05/14 16:26】 | 日常
トラックバック(0) |
GWは予告通りスロット三昧で終わった。

スロットの話など詳しく書いたところでこのブログは元々スロットブログではないので、スロットにまったく興味がない人がそんなブログ読んでも意味がわからないし面白くもなんともないと思うので、あんまりつっこんだ事を書きたくはないのだが、まあ久々のスロットと、久々にちょっと熱く取り組んでみようと思ったことでもあるので、今回だけはスロット中心のブログになってしまうことをお許しいただきたい。


GW中は今日までも含めて合計5日間ガッツリパチンコ店にてスロットを打ち込んだが、結果的に7000円負けで終えた。

初日、1日でいきなり7万負け、いっきに負債を15万背負ったときはどうしようかと思ったが、次の日に秘宝伝にて1回の秘宝ラッシュで5000枚近く噴出し、その後の残りの3日間は勝ったり負けたりしたがまあ15万の負債は半分くらいまで減らせた。

結局、結果的には打たない方が金額的にも時間的にも得だったわけだが、しかし負債額の中にはスロットだけではなくふらりと打ってしまったパチンコの負債も入っており、スロットだけだとプラス収支なのだ。


また、もう5年くらいスロットから離れていたこともあり、その勉強代もその負債の中に含まれている。
最近のスロットはそのシステムや内部構造がかなり複雑になっている。

4号機までしか知らない人には本当にチンプンカンプンだろう。
777をいくら多く揃えたからって勝てるわけではないのだ。
逆に言うと、777を1度も揃えなくても10万円以上勝ててしまうこともあるのだ。ART機能という仕様が原因でそういうことになってしまっているわけだが。現に俺は2日目に勝った時はそれに近い状態だった。


まあ専門的な話はこの辺にしておいて、しかし久しぶりのほぼ終日パチ屋にいてスロットを打つということを数日こなすのはかなり疲れた。肩凝りがハンパない。それと、初日と二日目はタバコの煙で目と喉がかなりヤラれた。GWで客がほぼ満席に近いからなおさらだ。それに騒音により耳もヤラれて家に帰ってから耳鳴りがとにかくひどかった。

なので、4日目からは耳栓をしていこうと思い、amazonにてサイレンシアという耳栓を購入した。

これはポリウレタン製で、発泡スチロールのしっとり高密度版って感じでねっとり収縮するので、耳に入れる前に思いっきり丸めた状態で耳の穴に入れ、しばらくするとその収縮がゆっくり広がるので、それで耳を塞ぐというものだ。

最初慣れるまで耳の穴にうまいこと納めるのに少々難儀するが、慣れるとそう難しいことではなく、使ってみると思いのほか効果があった。

この耳栓は完全に音を遮断するのではなく、ある種の雑音をカットして音量を半分くらいにする感じ。人の声とか十分聞こえるし、スロットの音も聞こえる。ただ雑音はある程度カットしてくれるので、1日中パチ屋にいてもこの耳栓をしていれば後々のひどい耳鳴りを患わずに済む。

ただ、独特の圧迫感と違和感があるので、スロットを打ってる時以外、例えば昼寝用とかには俺的には向かないかな。

耳栓の種類も奥が深く、色々あるのでとりあえずもう1品注文してある。


しかしスロット、4年前に5号機に移行してしまってからはすっかりつまらなくなってしまっていたが、ここに来てちょっと復活の兆しが見える。まあこれもいつの時代でもそうだが、規制をいかにしてかいくぐってのメーカーの努力の賜物だろうと思う。おかげでシステムは複雑になってしまったが。


やはりスロットは楽しい。一応今回のスロット本格始動に向けてスロット雑誌10冊くらい買って勉強した。んでその勉強分くらいは結果として跳ね返ってくるから楽しい。

あとスロットを打っているときは歳やら仕事やら世の中のことやら女のことやら全て関係なく忘れて、ただ無心にスロットのことだけに集中して夢中になれるのが良い。

昔スロプーで凌いでいた時期があり、毎日のようにパチ屋に通っていたので、こんなタバコの煙と騒音で劣悪環境の中でもなんとなく自分にとっては落ち着ける場所だったりもする。


しかしでもまあ、たとえ稼げたとしても対時間価値というか、それっぽっちの金でその数時間だったらその時間を他のことに費やした方が有意義なのは重々承知ではある。負け越していたらなおさら。

でも今のところ残念ながらスロットを打っているときのドーパミンドバドバに見合う趣味が見当たらない。女関係も含めて。

ナンパはまだ全然満足にできていないが、なんなんだろうな、慣れていないというのもあるんだろうが、自分に自信がない&自分を冷静に客観視したところでやはり自分という人間は良くて中の下、そんなオイラがナンパに失敗したり、冷たくあしらわれたりすると後々結構尾を引く。若干トラウマ気味になる。


しかしスロットは、その日失敗して負けてもただ金が減るだけ。精神的苦痛、トラウマになるなんてことはほとんどない。そこには負けた原因と理由がある。そこが良い。後に取り返しも利く。

今後もまた規制される前に前向きに打ちに行きたいと思う。


思いのほか長文になってしまった。

ただ最初に言ったようにこのブログはスロットブログではないので、スロットを中心とした話題のブログはなるべく書かないようにしたい。
でもまあ収支くらいは書こうかなと。



ちょっと久しぶりにやる気がみなぎりつつあるオイラがいる。
今年の夏は熱い夏になるかな?



【2011/05/12 01:14】 | スロット
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。