まったくモテない41歳独身底辺男が流されるがままに適当に生きながらもがき足掻く日記
先日ナンパ目的で渋谷に行った。もちろん初陣の後日だ。

なぜタイトルがダブルヘッダーなのかというと、この日は金曜日でまずは街でナンパした後、クラブでナンパしてみようと思ったからだ。


実をいうとオイラはクラブには数年前からたまに行っている。ナンパ目的ではなく純粋に音楽目的でだ。

オイラは10代の頃から4つ打ち(テクノやハウス、トランスなど)が好きで、渋谷界隈や新木場ageHaなどにときたま出没する。

むろん一人で行っている。ちなみに女と行ったこともなければクラブでナンパしたことも無い。


しかし今日行くのはそういった“音系の箱”ではなく、いわゆる“ナンパ箱”だ。

前者はそれこそ世界的有名DJなども来て、100%とまではいかないがほぼ純粋にその音を聴きたいがために行くクラブ。一方後者はDJなど誰でもよく、それなりの音楽が掛かっていれさえばよくて、ほぼ100%出会い目的のクラブ。


一応8年くらい前に渋谷のとあるクラブでナンパ箱に行ったことがあるが(と言っても声掛けすらできなかったわけだが)、現状のナンパ箱はどんなもんかいな?という興味もある。

そんなわけでせっかく渋谷までナンパしに行くわけだし、ついでに覗いてみようというわけだ。


・・・・


17時半過ぎに渋谷に到着。もう少し早めにといつも思うのだが、準備やら暑さやらでどうしても遅くなってしまう。

この日は今のような秋めいた感じではなく、秋の気配などまったくない8月下旬、日が落ちるまで35度前後キープという酷暑の日だ。

念のためハンカチを2枚もってきたが正解。来る途中最寄り駅まで歩くのにすでに1枚はビチャビチャ、2枚目も体を1度拭いたらあっという間にビチャビチャだ。

とにかく拭いた瞬間から噴出してくる汗、汗、汗。。。。。


渋谷に来ただけですでに疲れていたが、とりあえず体力を回復せねばとまずメシを食うことにした。

ハチ公前のスクランブル交差点で信号待ちをしていると、20代前半~20代中盤くらいの手提げ袋を持った学生風の若者が信号待ちをしている女の子に声を掛けていた。

こやつも小慣れているのだろう、一人声掛けてガンシカ後、すぐ後ろの女の子にも声を掛けていた。
その二人目の女の子はガンシカどころではなくあからさまな拒絶反応(信号待ちなのにその場からそそくさと移動)をしていたが。


よし、オイラもがんばらねばと心に誓いつつメシ屋へ向かう。


ところで最近オイラは渋谷でハマっているメシ屋がある。

渋谷には味はともかく有名ラーメン店がひしめき合っているが、無類のラーメン好きであるオイラがそれらを差し置いてハマっている店がある。

「兆楽」という大衆中華料理の店だ。


場所はセンター街近く。西武から東急ハンズに抜ける道(井の頭通り)沿いにあり、アドアーズ(ゲーセン)の前。交番の裏。

薄汚れた黄色い看板で、厨房には少しくたびれた感のあるオッチャンが数人立っており、渋谷の「へそ」ともいえるこの場所で昭和の雰囲気と怪しい雰囲気を漂わせているため、多くの人が一度は目にしたことがある店だろう。


でも特に気にとめるでもなく、そのまま素通りしてしまう人が大半だろう。
オイラもその一人だ。

渋谷に来るようになった10数年前からその存在を知ってはいたが、上記のような理由でまず入ろうとは思わなかった。

しかし1,2年前になんとなく入ってみたら、その味の良さに思わずハマってしまった。

厨房には年季の入ったオッチャンが数人。みな手際がよく味にブレがない。

配膳係のバイトがみんな片言の日本語だからおそらく中国人なのだろう。厨房のオッチャンも普通に日本語が通じるようだが、
中国人かもしれん。

メニューはタンメンなどラーメン各種と、チャーハンや中華丼、レバニラ、ホイコーロー定食といった大衆料理店によくあるメニューだが、どれを食ってもハズレがなくウマい。


ここでオイラは中華丼を注文し、体中の汗を拭って舌づつみを打ちつつ東京のど真ん中での初ナンパに備えるのであった。
(続く)


スポンサーサイト

【2010/09/18 15:15】 | ナンパ
トラックバック(0) |


こーし
初めまして、ライタンさん

同じ様な年齢なので、親近感沸きますね
今の年齢からデビューは少し不利でしょうけど
頑張れば成果出るので、早く結果出る事願ってます

良ければ、自分もブログ書いてるのでリンクお願いします
http://kousi777.dtiblog.com/


ヨンヨ
はじめまして!
ぼくもナンパやってます(^O^)/
まだ成果はありませんが 笑

ブログもやってるので、よろしくお願いします!

コメントを閉じる▲
最近ダイエットを始めた。

といってもそんなに大袈裟なものではないのだが、肉類・ラーメン・天ぷらや揚げ物など油物・甘い物・ジャンクフードといったものを避けている。

さらに店で食べるときはそれらのメニューを避けるのはもちろん、中盛や大盛を禁止。酒を完全に断つのは難しいので、連日飲まないようにする。1日飲んだら次の日は肝休日。

運動もぼちぼちやっている。週3くらいで腹筋と背筋、週2くらいで軽いジョギングをしている。


体型的に見た目は普通だし、実際181cmの73kgくらいなので太ってはいないし見る人によってはやや痩せ型くらいに見えるかもしれない。

しかし最近になって腹回りの肉があきらかにたるんできた。だらしないぜい肉が付着してきた。
顔もたるんできており、とくに頬がたるんできた。ほうれい線も目立ってきたように思える。


これはまずい。

でもまあただでさえ昼夜勤務で生活リズムがメチャクチャで深夜早朝問わず食ったり飲んだりしている中、30代も中盤になり新陳代謝も落ちているのだから太ったりたるんだりするのが当然といえば当然だな。

腹筋など筋トレはこれまでも定期的にやったりやらなかったりしてきたが、ジョギングは正直高校の体育の授業以来まともにやっていない。実は去年の今頃も同じようなことで危機感を感じ、デパートのスポーツ用品売り場でジョギングシューズとハーフパンツを2枚買っていたのだが、一度も使うことなく1年が経ってしまった(汗)


1年前に買ったシャア専用?のジョギングシューズ。1万以上したような気がする↓


SH350119.jpg


本当はもっと地味めな黒系のシューズの方がよかったのだが、28.5cmとかだといつものように選べるモデルが限られてくるのと(泣)、なぜかランニングシューズは幅が狭いものが多く、オイラの足に合って走りやすそうなのがこれしかなかったので、ジョギングなどまったくのド素人のくせにもっともスポーティなシャア専用色となった。


しかしシューズはそのまま一度も履くことなく、ハーフパンツにいたっては1枚は部屋着として着用され、ケツに穴が空き今はもうない。

で最近ストナンのためのダイエットということでようやくダイエットの使命感に駆られ、いよいよシューズの箱に手を掛けたのだが、驚いたことにその箱のフタにはビタッとシールが貼られたまま!

つまり購入から一度も開封していないってことだ。。。どれだけ衝動買いだったんだよ俺・・・

当然のごとくシューズは綺麗そのものw札だのタグだのくっついたまんまだし全然そのまま返品できる状態w


でとりあえず先日、夜勤が終わって夜中の3時頃ジョギングに行くことにした。

シューズを履いたのは1年振りというか、試着では片方だけだったので両方まともに履いたのはこれが始めてだったが、さすがシャア専用、驚くほど軽い!しかも前に歩こうと体重を前にシフトするとそれをアシストするような前に押し出されるような感じの履き心地だ!

やっぱ高い専用シューズは違うのだな。こりゃあ走るのが楽しくなりそうだ。


・・・・



200mほど走ったところで息があがる。当たり前だ。ジョギングなど15年以上振りなのだから。

ちょっと走っては歩いてを繰り返す。
早くも足がパンパンだ。
噴出す汗。

でもただ暑いだけで掻いている汗とは違う。やけにしょっぱい。体の表面からではなく、体内から燃焼された脂とともに過剰に摂取し過ぎた塩分を排出してくれているのだろう。


最近ジョギングブームとかでやたら走っている人を見掛けるが、ミーハー野郎がそれに乗っかってるだけだろうと思っていた。今までジョギングなどただしんどいだけだろうと思っていた。

しかしこうしてやってみるとなかなかどうして楽しく気持ちいい。

噴出す汗と共に体の有害物質が排出されていくのが実感できる。

これからも続けていきたい。いや、ミーハー野郎がちょっとブームだからとか、デブがなにかの拍子でちょっとダイエットしてみようとかいう軽い動機ではなく、オイラには明確かつもう時間が無いんだという危機感を持っているからおそらく3日坊主にはならない自信がある。

といっても体に無理が掛かってはいけないからせいぜい週2、3ペースだろうけど。


ちなみにこの初めて走った日の次の日も調子こいて走ったら、その次の日足がパンパンで動けなかったw
なぜか腕も筋肉痛になった。



【2010/09/12 17:26】 | ダイエット
トラックバック(0) |
南口方面からゆっくり歩いてきた彼はもう女しか見ていない。
するとすかさず歩いている女の子の前に軽く手のひらをやり、なにか話し掛けた。

やはり同業、いや、ナンパ師だ!


・・・速い!2秒で品定めして、次の瞬間にはもう声を掛けている!

その子はガンシカして行ってしまったが、その瞬間からもうすでに他の女にロックオン、3秒後には手をかざして声を掛けていた。


速い、そしてそこにはなんの躊躇もない!



これが師というものなのかっ・・・!




その後もその調子で次々に女の子に声を掛けてゆく。
平均1分1人くらいのペースだ。
若い + 並以上の容姿なら手当たり次第声を掛けてる感じだ。


・・・しばらく師の業(わざ)にみとれていたが、気がついたらもう8時を回っており、こうしちゃおれん、オイラも最低でもひとりはなんでもいいから声掛けしなければ休日暑い中わざわざこうして来た意味がないので、とりあえず容姿を整えるためにモールのトイレへ。


・・・・


するとトイレに行く途中、店員でカワイイ子を発見!
エビちゃん系のスレンダーな子だ。

もう練習のつもりでとりあえず声掛けてくるか、ストナンとはちょっと違う気がするが、まあナンパには変わりはなかろう。


んでトイレで丹念に容姿を整えた後、心臓バクバクの中そのエビちゃん似の店員に接近する。。。幸いなことに周りに客はいなかった。


どういう風に声を掛けるか。なるべく自然体がいい。とりあえず買い物に来たふうを装おう。売り場の商品について聞いてみるか。


そしていよいよ店員に声を掛ける。。。。



俺「すいません、これなんですけど、こ・・」


「あ、それはお隣りのお店の商品ですね」



うわ、これ店が別々なのかよっ!区切りらしい区切りがまったく無いうえにさっきエビちゃんこっちの方までフラフラしてたじゃねーか!糞紛らわしいっ!


完全に出鼻をくじかれた。いやくじかれ過ぎだろ。一気にパニクった。このままなんの興味もないこの商品を隣りの店員に聞いてうんちくを聴くことほど無意味なことはない。

もういいや、なんでもいいから声を掛けちゃえ、面倒だ。


俺「あの、こ・・・・・」

女「え?」


なんか極度の緊張とパニックで声も小さいしロレツがまわらない。完全に変質者だ。


俺「あの、よかったら今度ビールでも飲みにいかない?・・・・」

女「私お酒飲めないので(キッパリ)」


あっけなく即答され撃沈。
まあ当たり前だが。

つかなんでいきなりビールなんだ・・・何をしゃべっていいかわからずアドリブで発したらこんなことをしゃべってしまった。まあこの暑さと初ナンパの疲れで喉がカラカラでオイラがビールを飲みたかったってのもあるが。

その後恥ずかしさでそそくさとその場を去ってしまった。今考えると女が断った後「じゃあ軽くお茶でもどう?」とか言えばよかったんだろうが、緊張とパニックでそれどころではなかったし、とにかくその場を早く立ち去りたかった。


うーむ今日はもういいや。なんか一気に疲れが出た。とりあえずひとり声掛けたしビール飲んで反省会だ。

そういえばさっきのナンパ師はどうだ?もう連れ出したか?


すると改札出口付近でさっきのナンパ師は、20代中盤~後半くらいの兄ちゃんと話をしていた。
こちらはナンパ師とは違って夏を意識したカジュアルテイストだ。髪は茶髪。

うぬ、仲間か?これからこの兄ちゃんと連れナンか?さっきまでのはデモンストレーションでここからが本番なのか??


しかしちょっと話をするとふたりは別々になり、それぞれ声掛けを始めた。ナンパ師はさっきと同様に淡々と絨毯爆撃、兄ちゃんはもうちょい狙いをつけてる感じだった。


ここでちょっと気づいたことがあるのだが・・・

このさっきからずっといる方のナンパ師。顔はどう見てもアラフォー以上だ。んで声掛けが早いのはいいが、テンションが高くないし笑顔という感じでもない。女の前に手をぱっと差し出してなにかを囁いてるっぽいが、ガンシカされて終わり。

感じとしては街でそこそこの年齢層の女に限定して配っているテレクラだかのティッシュを配るくらいの感じだ。


そんなんでイケるのか?

もうこのくらいのレベルになると取って付けたような高テンションや引き攣った笑顔は無駄だってことか?
ナンパなどタイミングとフィーリングとか言うが、行き着く先はつまりはこういうことなのか?

しかしそれにしてはこのナンパ師、さっきからまったく足を止めてもらえてないんだが・・・すべてガンシカだ。


・・・・


そうこうしているうちにさっそく兄ちゃんに獲物がHIT!ちょいお水っぽい姉ちゃんだ。
こっちの兄ちゃんはすげー笑顔だ。はち切れんばかりだ。女も笑顔だ。これは連れ出しか?


しかし5分ほど話をすると番号を聞くような素振りもなくそのまま笑顔で別れた。


・・・む、オイラちょっとこの二人のナンパ師としばしば目が合うようになってきた。おそらくこっちの存在に気づいたのだろう。もうあまり観察はしないようにするか。

しかしこう、ひとつしかない改札出口付近でツバを付けられまくられると続いて同じ子に声は掛けづらいな・・・なんとなくこの二人においらが声を掛けてるところを見られたくないというのもあるしな。
まだ超初心者でぎこちないところを見られるのが恥ずかしい。

とにかくあと一人くらいは声を掛けるか。


するとなかなかカワイイ子が絨毯ツバ攻撃をヒラリとかわして南口から出てきた。追おう・・・!

彼女を見失わないように後ろから追う。完全にストーカーだ。そのまま交番を横切り追って声掛けチャンスを伺う。

いよいよ声を掛けようとしたら彼女は薬局に入ってしまった。うぬ、やはり声掛けは早さが肝心!
しょうがないから買い物が終わるまで外で待つ。

・・・出てきた!よし声を掛けるぞ!

しかし彼女、出てきたとたんに携帯を取り出し誰かと話してる様子。そのまま足早に京成船橋駅改札に吸い込まれていってしまった・・・・

ああやはり早さだな。ナンパ師がその体で示す通り、躊躇の暇などないのだ。



・・・む、もう9時近いや・・・改札から出てくる客層が明らかにダークになってゆく・・・。

色(若い女子)がまばらになっていき、陰(くたびれたスーツ)が多くなってゆく。

大量の疲労感と閉塞感が矢継ぎ早に流れ出てゆく。そして早く家路に着きたいのか足も速まる。


終了、終了でいいだろ、まあそんな悪い内容じゃないだろ、ナンパ師の動きは見れたし一応声も掛けたし。

・・・しかし、なにか腑に落ちないというか、声を掛けたのも店員というのもちょっとずるい気がする・・・


いや普段のオイラの性格なら確実にここで終了なのだが、ブログを書いているという後押しもあってやはりひとりくらいは純粋にストナンをしてからあがろう。

もう次はなにがなんでも声を掛けよう。番ゲとか連れ出しとかどうでもいいからとにかく声を掛けて合格ということでいいんじゃないのか。


・・・とりあえずナンパ師ふたりの視線から消える場所でひっそり獲物を待つ。



・・・・



来た、絨毯ツバをくぐり抜けて来た足早のカワイ子ちゃんが!


追う。いや早く声を掛けろ!これではまたさっきと同じ、まったく成長が無いではないか!
しかしいざとなると・・・うぬぅじれってえなカス男がっ!


と、そうこう自問自答おのれとの格闘をしているうちにその子はまたさっきと同様、ひょいとネットカフェに入ってしまった!うわこれはまずいっ、とにかく声を掛けろカス!

オイラも早足でそのままそのネットカフェがあるビルの入り口に入り、彼女がエスカレーターに乗る直前ですかさず声を掛けた。


俺「あ、どうも、ちょっとい・・・・」

女「(ガンシカ~)」


よし、これでいい。これでいいだろ。初陣、最大の課題である声掛けはできたのだから。

その後船橋駅に戻ってみたが、相変わらず二人のナンパ師ががんばっていた。
うぬ、ベテランといえどもやはりそんなに簡単にはいかぬのだな。

・・・・でも歌舞伎町のホストクラブにいるようなイケメンならこの状況でも難なくゲットしていたのだろうか・・・?


ふう、課題は多いな・・・その後近くの立ち飲み屋で一杯やった。

一杯のハイボールがいつもよりよく回った。



【2010/09/11 18:40】 | ナンパ
トラックバック(0) |


-
ららぽーとの方がいいですよ。



コメントを閉じる▲
いよいよ先日初ナンパに行ってきた。

場所をどこにしようか迷ったが、都内の繁華街だとライバルとなるナンパ師も道ゆく女の子たちもみなナンパ慣れしていてレベルが高そうなので、とりあえず近所で手慣らしすることに。


行ったのは金曜日で、ネットの情報で平日は夕方~19時辺りがもっともナンパに適した熱い時間帯だということでその時間帯を狙って髪型や顔の手入れや服選びを念入りにやる。


・・・・


うわ、なんか緊張してきやがった、面接でもコンパでもなく、完全自由行動でたかだか近所の駅に行くだけなのに、クソが。


・・・・



そんなんしてオッサンの手入れと格闘して気づいたら結構時間が押してしまい、船橋駅に着いたのが18時くらいになってしまった。




いよいよ船橋駅に到着。この日も気温は35度前後ある。もうすでに汗ダクだ。しかも駅構内というのは密閉した空間で熱の抜けが悪いから蒸し蒸し熱気がムンムンしてやがる。


とりあえず駅構内と直結したデパートに入り、涼みながらトイレで髪型と顔をチェックする。

あーダメだな、この湿気でせっかくセットした髪型もすぐペタンコになるし、顔は汗まみれ、アブラぎるし・・・


しかしこうしちゃいられん、すでに18時でここ1,2時間が駅構内の人口密度がピークとなり、勝負どころだ。

船橋はこの駅構内か、南口出口あたりがナンパスポットとなっているらしい。

でも南口出口はすぐ前に交番があったり、待ち合わせギャラリーが多かったりとちょっとやりづらい感じがするんだよな。。。


とりあえずオイラは駅構内を徘徊してみる。改札から出てくる乗客はほとんどが帰宅なんだろうな、みんな足早だ。

船橋は一応東武百貨店と西武百貨店、それとステーションモールみたいな形で服屋や飲食店がそこそこ入ってはいるが、どれもイマイチパっとしないというか、東武や西武も年寄りばっかだし、店内の服屋なんかは客よりも店員の方が多いくらい閑散としているので、買い物目当てで船橋に立ち寄る若い女の子ってあんまりいなそうだ。


多くの客が改札を出て左にある東武野田線の改札に向かうか、右に出て少し歩いて京成船橋駅に向かうと思われ、とにかくみんな無表情でなにかにとり憑かれたようにそそくさと行ってしまう。。。


・・・・


・・・むぅ、隙がねぇ・・つかこの速足の中割って入って声掛けるって結構レベル高いんじゃねーか?明らかに次の電車のために急いでるわけだし。


では構内でぽつぽつと立っている子に照準を絞るか。まあ明らかに誰かと待ち合わせなんだろうけど。
うまくいけば番号くらいは聞けるだろ。


・・・・


おっとなかなかカワイ子ちゃん発見!でもかなり若そうだな・・・20歳そこそこかもしかしたら10代か。
とりあえず遠めに通り過ぎ、また戻ってきて声を掛けてみよう。。。いよいよだ!


でも声掛けてるときに彼氏とか来たらどうしようとかいう不安も頭をよぎる・・・明らかに待ち合わせだからな。


とりあえずいったんその場から自分の姿を消し、ゆっくりとまたその子のいる場所に戻る。もう心臓バクバクだ。


・・・あら、もう連れが来てるわ、女の子だったが。うーむやはりナンパは直感でGOが出たらすぐ声掛けなきゃダメだってことか。


・・・・


・・・・


しかしあれだな、オイラ常に動いてはいるが、これがいわゆる地蔵ってやつなのか・・・・


もう19時回って開始から1時間以上経っているのに一人にも声掛けられてねーよ。
もうなんか帰りたくなってきたな、クソ暑いし!やっぱ真夏にオッサンがナンパなんてやるもんじゃねーのかな、顔も汗まみれでテカっちゃってるし。


しかしブログを開始してしまった手前、一人くらいは声掛けないと話になんねーよな・・・



そんなことを考えながら徘徊していると、向こうから全身黒づくめ、ロン毛茶髪の「いかにも」な男が登場!

もう目配りの仕方が周りと明らかに違う。それはさながら草食動物の群れを目前に物色する肉食動物の眼(まなこ)だ!


こやつ、同業者だな。風貌、立ち回り方を見てもおそらくベテランの域に達していると見える。

よし、こいつはいい勉強になるぞ、お手並み拝見だ。(続く)







【2010/09/05 15:55】 | ナンパ
トラックバック(0) |

ふなばし
ぽい
ぽいちゃんもふなばしでやったりしますにょ
同じ地元どうしがんばりましょうねv-221


管理人のみ閲覧できます
-



たけ
はじめまして。千葉 ナンパ でググってたらきてしまいまでした。グイグイひきこまれる文章力ですね。自分もあらさーなんで共感しまくりです。次の更新楽しみにしてます。


ぽい
お久しぶりです、最近どうですか?
たびに出てまして最近帰ったとこです、
都内の友達は震災ナンパは
思ったほどうまくいかねえとのこと

なかなかうまう行きませんな~ww

コメントを閉じる▲