まったくモテない41歳独身底辺男が流されるがままに適当に生きながらもがき足掻く日記
最近の俺のブログは相場回顧日記になってしまっている。
それは現在に至っても相場が生活の中心になりつつあるのでそういうことになっている。
とはいえトラック運転手の仕事を辞めたわけでもなく、引き続き独身であり彼女もいないし作る気もない。
まあ過去の相場の回顧録ばかり綴っていても退屈なので、ちょっと最近の俺について書きたいと思う。

生活的にはナンパに励んでいた5,6年前とさほど変わってはいない。相変わらず酒は好きで飲むが、やはり若干弱くなった気がする。気持ち悪くなったりということはないのだが、すぐ眠くなるし、もうお腹いっぱい、飲まなくていいや、ってなる。
あと翌日にアルコールが残りやすくなったので、夜中出勤の時などは4,5日まったく飲まなかったりする。

週1ペースのジョギングはなにげに3年くらい続いている。軽い筋トレも続いており、おかげさまで20代の頃と体重はさほど変わっていないし、中年太りにもなっていない。

とはいえ、兎にも角にも40歳を過ぎていよいよというかまあどこからどう見てもザ・オッサンになった。
35、36歳くらいまではオッサンだオッサンだ言っててもどこかまだ余裕のある、若さの残るオッサンであったが、40歳を過ぎてガクっとオッサンになった感じだ。

子供から見ると、例えば自分が小学生中学生頃のことを思い出してもらえればわかると思うが、この頃の自分の親が30代から40代になっていくのを見ていても、自分の成長による変化の大きさの方が凄すぎて、親などほとんど変わってないイメージがあったが、しかしいざ自分がそうなってみると中年は中年で年々確実に老いていくのが手に取るように実感できる。

あとは喜怒哀楽、感動することが激減した。いや、ムカついたりストレスや怒りの感度は増した気がするが、その他の感情が揺り動かされる頻度も振れ幅も減少した。
なにを見たり読んだり聞いたりしても腹を抱えて笑うことなどまずないし、とりとめもなく涙を流して泣くこともない。
だから最近はDVDを含め映画もほとんど観てないし、漫画も読んでいない。
あとあれほど好きだったゲーム欲もまったく無くなった。あれはもう膨大な時間の無駄以外のなにものでもない。
俺はこれまでの人生でゲームの時間だけを取り出したら何年分あるかしれたもんじゃない。

それから、脳が時系列的に思い出をデータセーブしなくなってきた。
各データへの日付機能も劣化してきているのだろう。
と同時に、前述の通り日々感動が無いため、日付するデータに値しないとみて時系列的に整理していないのかもしれない。
これは例えば、30歳くらいまでは、何歳の夏になにがあった、何歳の秋になにがあったというふうに、パッパッと記憶が出てくるが、それ以降になるとかなり怪しくなる。
33歳の夏、36歳の夏、37歳の秋、38歳の秋、の思い出は?と言われてもなにも思い浮かばない。
記憶に残るイベントがほとんどないからだろ、と言われればそれまでだが、しかし年に1回は一応温泉旅行などもしており、しかしその旅行がどの年にいったものかとなるとかなり考え込むことになってしまう。
仕事面においてもほぼルーチンワークで思い出に残ることなどほとんどないので余計そうなるのだろう。
でもまあこれはどんなスリリングな仕事をしていても毎日その仕事をしていれば脳も慣れてきてしまってみんなそのようになるのかもしれない。

とにかくまあ脳がそんな状態なものだから余計に時計が早く進む進む。経過する経過する。
いつもこんなことを書いているような気がするが、実際そうなのだからしょうがない。無情にも老いは外見と同時に感性もデータセーブ能力も確実に劣化させている。

そして時間が経過し、歳をとれば風景も変わる。ここ3,4年のスマホの爆発的普及は目を見張るものがあるが、街中の小学生が普通にスマホを持ち歩いているのを見るとさすがに世代間ギャップを感じずにはいられない。
子供のときにスマホがある生活って想像すらつかない。
そしてこの小中学生が生まれた時って俺何歳だったんだよなにしてたんだよ、とかすぐそういうくだらないどうでもいいようなことを考えたりする。
するとまあとっくに大学なんか卒業しててすでに社会人として働いてるし、てことはつまり普通にこの子らの親世代じゃね?という世代間ギャップに愕然とし、とはいえその頃ですらすでにカメラ付き携帯が普及してて普通にネットも普及してて2ちゃんねる見てネットショッピングしてパソコンでオンラインゲーやってたんだから、そんな時代に生まれた子供がもう中学生とか高校生になっているのかと思うと愕然とする。

自分が40代になって、やはり世代が大きく動いたように感じる。自分が10代から20代、20代から30代になったときよりもそれは大きい。
いつの間にかテレビに出ているスポーツ選手はほぼ年下だ。
中年太りしたプロ野球の選手も、ハゲ散らかして走ってるサッカー選手もいつの間にかみんな年下。
関取りも横綱だろうが50歳前後のオッサンの顔してようがみんな年下。
リアルの世界じゃ歯医者にいったときや病院で診察を受ける時に明らかに自分より若い先生に遭遇する確率の方が高くなった。

自分としては時間を無駄にしている自覚はまったく、それなりにプラスになる作業を少しずつでもやっているつもりではあるのだが、とはいえ日々前進しているようにも思えなく、40歳を過ぎてもなお日々悶々としており、なにかもうこういう因果律なのかなんなのか、もう高校生くらいからこの律からいっこうに抜け出せていない。

なんかダラダラと陰鬱な記事になってしまったが(いつも通りか)今後もとりあえず相場のことと、自分の近況などを中心に書いていきたい。



孤独地獄男を応援してみよう



スポンサーサイト

【2017/04/29 05:27】 | 今思うこと
トラックバック(0) |

理想と現実的な
xturbo
昔からちょこちょこ読ませていただいてます。見栄張り合戦のSNSより地獄男さんのリアルなブログのほうが全然面白いです。はてなブログとかに移行したら、結構人気になるんじゃないでしょうか。

それはそうと、世の中の「夫は妻のATM」「結婚なんてしたら終わり」という独身男たちの大合唱の中、地獄男さんの自由気ままな生活はまさに理想の生き方と言えそうですが、そういうことでもないんですかね

コメントを閉じる▲
仕事が忙しかったことと、青春編がことのほか骨が折れる作業だったこともあり、2月7日から近況ブログをまったく更新できないでいた。

2月3月はそれなりに色々とあり、少なからずもナンパにも出撃している。
そのへんのことはおいおい書いていきたい。

それと体の調子だが、横っ腹の痛みで医者に行ったわけだが、医者に診てもらった後は徐々に痛みも無くなり、CTや採血、尿検査の結果も特に問題なしとのことだった。

すでに30代半ばも過ぎようとして中年に差し掛かる年齢であり、会社の定期健診といえば簡易な車両移動型検診のみだったので、大きな総合病院でCT、採血、採尿の結果が異常なしなのはやはり安心させられる。


ところでダラダラと続いた青春編だが、書いてみれば特にめずらしくもない、勝ち組か負け組かの二極化の現代においては後者のよくある典型と言えなくもない。

また、やはり外見というのは人生を大きく左右させるほどその人間が形成されるうえで大きなウエイトを占めていると、35歳になった今でもその考えに揺るぎはない。

人の性格の基本的な部分は、子供の頃の育った環境と両親の性格、教育の仕方によってすでに形成されてしまっているが、その人の性格を形成するうえでわずかに残されたのりしろの部分というのは、案外他人からの勝手な評価によって形成されてゆくのではないかと思っている。

特に大人になってからの対人関係においては、そののりしろの部分の性格がその人の性格として認識され、また本人としても、周りがそういう認識なのだからおそらく自分の性格はそうなのだろうと、たとえそれが自分の思い描くような、あるいは理想の性格像とかけ離れていたとしても、その性格に傾倒していく、または傾倒せざるをえないのではないかと思っている。

そしてその勝手な評価は勝手なだけあって、勝手に外見から評価されることの方が圧倒的に多い。


世の中不公平と理不尽に満ち満ちている。
悩みなどない人間などいないだろうが、その悩みの大きさが問題だ。
10代も半ばになれば己がどんな奴でどのくらいのレベルかを自覚する。
それは自分よりも先に、むしろ周囲によって思い知らされる。

引き篭もってる暇などない。
勉強を人一倍がんばるだけではとても足りない。
勉強以外に人一倍がんばらなければならないことがある。
そしてときにはずる賢く立ち回らないと、並の人生を送ることすら困難になる。





【2012/04/16 12:38】 | 今思うこと
トラックバック(0) |


ラーク
いつも興味深く読ませてもらっています。
私のブログにリンクしていいですか?
できれば相互リンクしていただけると嬉しいです。


LIGHTAN(ライタン)
>ラークさん
お返事遅れてごめんなさい。
オッケーです。

コメントを閉じる▲
ここ数日の花粉症の症状が酷い。
目はゴロゴロして痒いし、水状の鼻水がとめどなく流れ出てくる。

抗アレルギー目薬と点鼻薬でもって対処はしているものの、あまりにも花粉の強さが上回り、それらを注しても注しても鼻水やら涙やらが止まらない。

鼻などはカミすぎて鼻の中やら小鼻がヒリヒリする。
運転席に置いてあるビニール袋は鼻水を多量に含んだティッシュですぐに一杯になる。


スギ花粉は今がピークらしい。加えてヒノキの花粉も増えてきているから最悪だ。今年の花粉は例年の数倍になるなんていうニュースは地震のおかげでどこかに消えてしまったが、その量は予想通り半端なく放射能とともに飛びまくっており、ひどい日には車なんかに黄色く花粉が付着し積もっているのが見えたほどだ。



先日渋谷に行った。遊びにというのではなく、年に数回野暮用で行くしかないのだ。

いつも通りYahoo!の乗り換え案内で検索して指定の時間に向けて出掛けようと思ったが、そういえば震災後初めて電車に乗るんだったし、間引き運転しているとのことだったので、それが乗り換え案内に反映されているのかどうか定かではなく、念のためその指定の時間より2本前に合わせて家を出た。

すると案の定、乗り換え案内通りではなくダイヤは狂っていて、早めに出て来て良かった。



渋谷に着き、野暮用を済ませ、いつもならこの後兆楽で一杯やってからタワレコへ行くというのが定番コースなのだが、いつもお世話になっている美容室の担当美容師が、わざわざそれを食べるためだけに渋谷に行って食べているというオススメの店を思い出した。

その店は「梅蘭」という店で、そこの「梅蘭やきそば」というのがやたら旨いとのことで、この前美容室にいったときに薦められた。


この美容師とは数年の付き合いで、髪を切ってもらっている間中、世間話とか旨いラーメン屋の話とか、ほぼノンストップで会話をしているのだが、
「〇〇さん(俺)が紹介してくれた店は結構行ってますからね~」
なんて言われてしまったため、向こうが紹介してくれた店を行かないわけにもいかず、まあ話のネタ作りにでもと、梅蘭に行ってみることにした。


場所は道玄坂にあり、109から近い。ビルの1階にある。

入るとカウンター席はなくすべてテーブル席で、客も結構いた。
中国人の店員に案内され4人用テーブルに座り、美容師が薦めてた梅蘭焼きそばを注文。
ビールは焼きそばが運ばれてきたときに注文することにする。


メニューを見るとフカヒレの姿煮とかもありほぼ本格中華の店だ。店内はかなりこじんまりとしている。見渡すとやはり梅蘭焼きそばらしきものを注文してる人が多かった。

ちなみに梅蘭焼きそばというのはリンク先を見てもらえればわかるが、普通の焼きそばとは違い、硬めに焼いたそばをお好み焼きみたいな形に整え、その中によく中華で見られるアンかけのアンが閉じ込められているものだ。

店の壁には彦摩呂の写真が飾ってあった。

しばらくして梅蘭焼きそばが運ばれてきた。と同時に生ビールを注文。
さっそく食す。

うーん、その形こそめずらしくはあるが、予想通りの味と食感だった。結局硬めに焼いたそばの中にアンを閉じ込め、お好み焼き風に固めたもの。で、麺をほじくると中からアンが出て来て、そのアンでもって麺の硬さがやわらかくなったり、また硬いところもあったりとその辺を楽しめというところなのだろう。

中から出てくるアンになにか工夫が凝らされているのかな、と期待したが、どこまで食べても普通のアンだった。
それとかなりアブラっこい。味も特に旨いというものではなかった。

中華の基本ともいえるアンがこんなだから他の料理もあまり期待できない感じはする。客は結構入ってはいるのだが。


店を出るとそのあまりにもアブラっこさに胸焼けをおこした。やはり兆楽にしておけばよかったと後悔したが、人の紹介だからまあしょうがないだろう。しかし今度美容室に行ったときの報告に困るな。まあおいしかったですと言うほかないのだが、そこからあまり話が膨らまない・・・。



しかしこの時期の街の若者は嫌味なくらいピカピカで躍動感に溢れているんだよな。おそらく新高校生とか新大学生とかなのだろう。人が入れ替わり新しい顔がたくさん入ってくるのもこの時期なのだろう、ああ街の人間が入れ替わったんだなってことがしょっちゅうこの街に来ているわけではないのになんとなく実感できる。


それはまるで大きな歯車が、今まではいかにもアナログチックにジジジジと動いているのか止まっているのかわからないほどゆっくり回っていたものが、3月から4月になるときだけはその歯車がガタン!と一気に回って、その先にある巨大なハンマーが、その側らにある円柱の1ブロックをさながらだるま落としのようにスコーンッ!と無情にも叩き落としているかのように。


それと同時に、自分が確実に1つ歳をとったなと嫌でも実感せざるをえない時期でもある。街を行き交う若者が、ちょっと前までは単に年下の人間としか思えていなかったが、このときはなんだか子供にしか見えなくて仕方がなかった。



【2011/04/04 18:54】 | 今思うこと
トラックバック(1) |
前回の更新から2ヶ月も経ってしまった。
その間、世の中的にも色々なことが起きたわけだが、とりあえず本ブログの主旨(?)である女関係の話からしていきたい。

まず結論から言うと、彼女も出来ていなければナンパもしていない、セックスもしていない、風俗や出会い系も一切やっていないどころか挨拶以外の言葉を肉親以外の女と一切交わしていない。

なぜそんなことになっているのかというと、以前にも書いたかもしれないがまず職場や仕事関係で女と接する機会が極端に少ない。加えて女に対するモチベーションが昨年秋頃から一向に上がらないのだ。

性欲が無いわけではないのだが、生理的に湧き上がる性的欲求は糞尿同様に定期的に機械的に排出してしまえばそれで済んでしまうようになってしまった。


で、なぜそんなことになってしまっているのかというと、まず肉体的に老いた感は否めない。
性欲の衰えの下降曲線の角度がガクっと落ちた感じだ。まあ年齢的にも今年で35歳、青年からオッサンへの転換期であり外見的にも鏡を見てああ老けたなあと思う。ああオッサンになるんだなと。


それに加え、これは年齢関係なく俺個人の思いなのだろうが、女を性欲の対象というファクターを除いてしまうと、まあ女という生き物を好きになれない。容姿に関係なくいくら自分好みの女でもだ。これはあくまで性欲の対象というファクターを除いた場合だし、オイラはホモでもない。


で、なぜ女を好きになれないのかというと、これはたとえばオイラには女兄弟がいて幼い頃から女の嫌な部分というか、嫌な本質部分を知ってしまっていたり、前の職場が今のガテン系とは違って事務系で女が多く、そこでも女の負の本質、嫌味ったらしさやネチネチ陰険、陰湿さをたっぷり味わわせてもらったことなどが原因だと思う。

とにかくまあ他人というか自分に興味が無い人に対してはかわいくないし優しさどころか気遣いすらないし人が傷付くようなことでもズバズバ言ってくるしそれでいてこっちの気遣いを必要以上に要求してくる女という生き物をおのずと毛嫌いするようになってしまった。

もちろんそんな女ばかりじゃないんだろうけれども、しかしそこそこの社員数がいる会社で、けっこうな人数の女がいて、8割9割方がそんな感じだったのだから(少なくとも自分にはそう感じ取れた)あながちその女の本質とやらは間違ってはいないだろう。
残りの1、2割はまあよくわからん女だ。


それと今でいうところの女子会というか、飲み屋なんかで女が数人集まって会話してるのなんかがちょっと聞こえてきたりなんかすると、その内容の8割方は男のことなんだよな。もうほぼ男のこと。あとは友達のウワサ話とか。
趣味の話とか世の中の話とかまずほとんどしていない。

女は男以上に異性のことしか頭にないのかとか思ってしまう。他に興味は無いのかと。
そんな女という生き物と、どんな話をしていいのかここにきてまったくわからなくなったし、話をしたいとも思わない。誰とも付き合いたいとも思わない。すべてが時間と金の無駄と思えてしまう。


こういう女に対する毛嫌い感が、性欲を差し置いて歳を追うごとに高まっているように思える。
三十路に入ってから特にだ。


でもまあオイラもオイラだ。結局女を性的欲求の対象としか見ていない、見れていない。結局、趣味がどうのとか言ったところで、若くてカワイイ女の体にしか興味がないのだ。


もう根本的に人嫌いなんだろうな、オイラは。そして極度の面倒臭がり屋。いくら若くてカワイイ女から付き合ってくれと懇願されても今ならきっぱり断る自信がある(まずありえない状況だけど)。


今はそんな状況だ。


それと、女関係以外にも書きたいことが溜まってきたので今後しばらくはなるべく間をおかず定期的に更新していければなあと思う。



【2011/03/30 00:38】 | 今思うこと
トラックバック(0) |
ナンパブログといえば、即、準即、番ゲ、グダ、ブーメラン、連れ出しなど、スリリングかつファンタスティックな単語とドラマティックかつエロティックな展開が繰り広げられ、毎回それらが連なっているものが主で、ブログの題名にナンパの文字が入っているのであれば、そういう展開が理想でありそういうつもりでこのブログを立ち上げたのだが、なかなか時間的余裕が取れないのと、ここにきて女に対する興味の浮き沈みが激しく、ことに今は以前にも書いたが、女に対する欲求のモチベーションがかなり低い水準で推移しているので、他のナンパブログのように毎回のようにナンパに関連したブログを書けそうにない。


ブログを立ち上げたときはナンパなどこれが最後のチャンスとばかりにかなり意気込んでファッションやら情報誌などに金をつぎ込み、それ系の情報を収集したり、また少しでもモチベーションを上げられればと人生初の単独ブログを立ち上げたりしていたが、その後少なからずとも声掛けやmixiオフ、または出会い系で女と絡んでいるうちになにか女に対するテンションとモチベーションがだんだん落ちていった・・・決して性欲が無くなったわけではないのだが。


そのテンションとモチベーションが落ちた原因としては、

・たとえ女と1対1になったとしても、逐一話題を詮索し選択し展開しいちいち合わせていくのが疲れる
・ゆえにセックス以外で一緒にいたりしゃべったりしていても楽しいと思わない
・とにかく女は金と時間と労力が掛かるし、それらを女以外のことに遣った方が有意義だと感じるし実際そうしたい事がなにげに色々ある
・若い頃と違いそれほどどセックスセックスという気も失せ、金と時間と労力を掛けるくらいなら適当な金を支払ってそこそこ以上のレベルの女とヤッた方が早い&ラク&確実
・恋愛そのものに興味が無くなった


まあこんなところか。

要約すると、オイラが心身ともに老いたってことと、それにともなって面倒と思うことが多くなった、疲れやすくなったってことだな。

でもまあせっかくブログを立ち上げたわけだし、オイラ自身文章を書くのは嫌いではないので、このままこのブログは続けていきたいと思う。


ただ純粋に他にあるようなナンパブログではないので、ブログ名を変えようかと思ったが適当なのが思い浮かばないし面倒なのでとりあえずこのまま続けていきたい。


ブログのキーワードとしては、

独身生活・孤独・34歳・ブルーカラー・音楽・酒・独り遊び・30代の趣味遊び・ナンパ・女


まあこういったところだ。一見ネガティブな感じだがまあいいだろ。


最近めっきり性欲・女欲が無い無い、疲れた面倒だのと言ってはいるが、しかしいついかなる時でも疲れきったオッサンのマナコの奥底に、ギラついた眼差しは忘れずともし火続けるつもりだし、ここぞというチャンスがあれば全MPを消費してでも誘惑の呪文を唱えるつもりだ。



【2010/12/21 08:33】 | 今思うこと
トラックバック(0) |
というか鬱一歩手前だ。

今は少し持ち直したが、ちょっと前はかなり沈んでおり、誰とも話したくない感じだった。


こんな気分じゃナンパどころではなく女となんかまずしゃべりたくない。

なにをやっても楽しくないし、楽しみなこともない。

なんかとにかく面倒。すべてが面倒くさい。

メシを作って食べるのですら。


そんな中でもまったくすべてに興味がないわけでもなく、未知のものとしてはたとえば釣りとか登山とかに少し興味があったりするわけだが、道具を揃えたり色々準備したり実際その現場に行ったりということがとにかく面倒。


もし仕事が日に8時間ポッキリ、こよみ通りの休みがあるというのならやってみようという気になるかもしれんが。

とにかく自由にできる時間が少ないし、夜勤があったりと生活は不規則だし、そういうこともあってなにかを新たに手をつけたり出掛けたりするということがとにかく面倒だし、現に疲れる。


いやもっと身近なものでも、たとえば先日モンスターハンター3が発売されて、職場でもやっている人がいて、これにもまた少し興味があるのだが、なんか面倒くさい。


もうなんなんだろうな、結局年喰ったってことなんだろうな。

「これやったらだいたいああなってこうなって、結果こうなる→疲れる」

とか

「これやったらだいたいああなってこうなって、結果こうなる→時間と金の無駄だった」

とかって予測できちゃうんだよな。

それでもとにかくやってみて、予測より案外楽しかったとかいうものも実際あるわけだけど、その案外楽しかったという振り幅さえも想定内予測内だったりして、それ以上は熱中の対象とはならない。


俺と同じような年代、30代半ば~アラフォーの男どもは毎日何を楽しみに生きているんだろう?

そんでどんなものが趣味で、その趣味を心底楽しんでいるのだろうか?


ああそういえばオイラにもひとつ普遍的な楽しみがあったわ、酒だ。

酒はひとときでも鬱を和らげてくれる。脳を麻痺させて。

酒が飲める体で良かった。




【2010/12/05 06:01】 | 今思うこと
トラックバック(0) |